サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【26】/【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼の連載を出張スペシャル拡大版でお届け!
今月のアッシュの連載「アングラ見聞録」は特別編として、来日を果たした実兄・スラッシュとの兄弟対談を敢行。インタビュー時間は撮影込みで30分、さて兄弟は何を語ったのか――。

1903_CCW_5707_cmyk_520.jpg
(写真/cherry chill will)

 去る1月中旬、兄貴のスラッシュ(ガンズ&ローゼズ)がマイルス・ケネディ&ザ・コンスピレターズと共に来日公演を行うということで、ライブ前日に兄貴とのトークセッションを行うことにした。いつもは日本や海外のアングラなカルチャーを紹介している連載だけど、今月は特別拡大版ということで、兄貴にいろんな角度から、他誌では読めないようなキワどい質問も聞いてみた。

ASH(以下、A) まずは今回のツアーについて教えて。俺は韓国と大阪のパフォーマンスを観させてもらったけど、本当に素晴らしかった。

SLASH(以下、S) シンガポールからスタートしたライブで、タイ、韓国……今回日本でのライブを終えたら、オーストラリア、ニュージーランドと続く長期のツアーさ。

A 兄貴にとって日本という国は?

S 大好きだよ。サポートしてくれるファンはもちろん、文化も好きだし、日本製のおもちゃも大好きだ。

A 今回はスラッシュ feat. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレターズとしての来日だけど、4年ぶりのアルバム『Living The Dream』はどんな作品になった?

S 前作『World On Fire』のスタイルを継承した続編って感じかな。バンドが素晴らしいから、自然にケミストリーが生まれる。一緒に曲を作り上げるたびに良くなっていくから、続編とは言いつつもステップアップした作品って感じだね。 

A 新作はガンズのツアー中に作っていたと思うけど、それは何かしら新作に影響はしていない?

S それはないね。複数の曲はガンズのツアー前から作っていたし、そもそもその頃はガンズでツアーをやることも決まってなかった(笑)。

A ガンズといえば、おばあちゃん家の地下にメンバー全員が住んでいたことを思い出すな。1984年か85年くらいだったかな、「ライブでニューヨークに行ってくる」って言って、メンバーみんなでバンに乗って出発したことがあって、帰ってきたときには、もうすごい人気になってた。そういやあまり聞いたことがなかったけど、当時仲が悪かったバンドやミュージシャンっている?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』