サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/地上最大のショー(下)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

地上最大のショー(下)

+お気に入りに追加
1901_P108-111_img001_520.jpg
「ヒマラヤ人」(1921年/著者蔵)。左端がジップ。

 チャールズ・ダーウィンが『種の起源』を公表してから3カ月後の1860年2月、興行師のP・T・バーナムは、自身がニューヨークで経営するアメリカン博物館で「What is it ?(これは何者?)」と題されたショーを開催した。このショーでは、4歳のときにアメリカの貧しい黒人の両親からバーナムに売られた小頭症のウィリアム・ヘンリー・ジョンソンが初めて展示された。のちに「ピンヘッドのジップ」としても知られるようになる彼は、アフリカのガンビアでゴリラを探していた探検家の一団に発見された際、裸で木から木へと猿のように伝っていた、と宣伝され、観客の前では(実際には普通に会話ができたにもかかわらず)鳴き声や唸り声を発する以外に話すことを許されていなかった。「これは何者?」というのが彼の呼び名となり、広告には「これは人間か?」「これは動物か?」「アフリカ人とオランウータンをつなぐ」などという言葉が並ぶようになった。

 写真師のマシュー・ブラディが1895年頃に撮影した写真には、ジップは全身を黒い毛で覆われたコスチュームを着て写っており、「猿人」のイメージを強調するような演出が施されていたことがわかる。進化論の発表によって人間と動物との「失われた鎖の輪」に世間の関心が集まっていたとき、両者をつなぐ存在として「これは何者?」は登場したのだった。ジップは1920年代までパフォーマンスを続け、26年に亡くなった。妹に語った最後の言葉は、「僕らは長い間人々を騙し続けてきたね?」だったというから、観客たちが思っていたほど知能は低くなかったのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』