サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/地上最大のショー(中)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

地上最大のショー(中)

+お気に入りに追加
1812_P132-135_img001_520.jpg
P・T・バーナム著『闘争と勝利』(1871年版/著者蔵)より「偉大な公爵と小さな将軍」

 興行師のP・T・バーナムが1842年にニューヨークに開館させた「アメリカン博物館」に出演していたフリークの中でも、小人症の「親指トム将軍」ことチャールズ・シャーウッド・ストラットンは、もっとも知られ、成功したうちのひとりに違いない。

 小人たちは、古来から「ミジェット」「リリパット人」「ホビット」「ピグミー」「ノーム」などさまざまに呼ばれ、展示や蒐集の対象となってきた。「ミジェット」という言葉が均整の取れた小人の呼称として使われるのに対して、「ドワーフ」のほうは、頭が大きく足の短い髭面のグロテスクな小人のイメージがある。小人たちは畏怖と憧憬の入り混じったさまざまな呼称で呼ばれながら、古今東西の物語を彩ってきたのだ。

『フリークス 秘められた自己の神話とイメージ』(青土社/1986年)の著者、レスリー・フィードラーによれば、かつて魔術的なアウラを持ち、ときに敬慕される対象であった小人たちの非神話化の過程が完成するのが、ストラットンらが活躍した、19世紀後半のヴィクトリア朝の時代なのだという。彼らは同情され、治療されるべき存在であると同時に、よそからの「外交使節」のようにして人々の前に登場したのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』