サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > アメコミやバンド・デシネだけじゃない!【2】/【アルジェリア】のマンガの中身
第1特集
アメコミやバンド・デシネだけじゃない!【2】

イスラム化でマンガが人気に? 専門の出版社も登場! アルジェリアのマンガ

+お気に入りに追加

――世界中からマンガの投稿を募集するコアミックス主催の「世界サイレント・マンガ・オーディション」で、アフリカからだと最も応募が多いのがアルジェリア。そこには、他国でも珍しいマンガ制作事情があるという。

1901_P070_073_img003_320.jpg
「Laabstore(ラーブストル)」の表紙。

 北アフリカに位置する国、アルジェリア。日本人にはなじみの薄いこの国で、「国産マンガ」が急速に成長している。

 それらの作品は「DZマンガ(アラビア語でアルジェリアを意味する「Djazairi」が由来)」と呼ばれており、キャラクターの造形や表現技法こそ日本のマンガを強く意識しているものの、制作から出版まで全てアルジェリア人の手によって行われているのが特徴だ。

 また、特筆すべきはマンガ専門の出版社「Z-Link」の存在である。同社は2007年の創業以来、DZマンガを専門に扱い、さらに、マンガ・映画・音楽の批評雑誌「Laabstore(ラーブストル)」を発行している。

 DZマンガの売れ行きは好調で、Z-Link創業メンバーのカマル・バールル氏が「AFPBB」や中東系メディア「Middle East Eye」の取材に応じたところによると、単行本は1作品につき3000部を発行し、「ラーブストル」の部数は07年に2000部だったのが、15年には1万部まで伸びたという。さらに同氏は「書店も、初めはマンガを置くことに懐疑的でしたが、今ではバンバン注文が入ります」とインタビューで答えている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』