サイゾーpremium  > 連載  > 伊藤文學の薔薇族回顧譚【2】/ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【2】

【薔薇族回顧譚】『ひとりぼっち』たちをつなぐマガジン――「薔薇族」の創刊

+お気に入りに追加

――日本初のゲイ雑誌「薔薇族」創刊編集長が見た、ゲイメディアの勃興とその足跡をたどる

1811_P097_02_300.jpg
『ホモテクニック』は、男性同性愛者たち向け雑誌の潜在的需要を浮き彫りにした。

 同性を愛する人たちのための本を作ろう――。編集者・伊藤文學がそう考えたのは、1960年代末のことだった。秋山正美の執筆したマスターベーションの指南書『ひとりぼっち』シリーズに対して、「自分は同性を想わなければ性的快楽を得られない」という悩みが、読者から多く寄せられたことを受けての発想である。

 この直後、伊藤は秋山に女性同士の性愛についての原稿執筆を依頼。『レズビアンテクニック 女と女の性生活』というタイトルで刊行し、まずまずの成功を収める。

「レズビアンものなら、女性だけじゃなく男も買うだろうと思ったわけ。当時ストリップなんかでもレズビアンものは人気だったからね」

 まずは購買層を広く取るあたり、編集者らしい発想である。

 そしてこの次に作られたのが、男性同性愛者向けの『ホモテクニック 男と男の性生活』であった。筆者は引き続き秋山で、この本が第二書房史上ベスト3に入るほどの売り上げを叩き出したのである。

「雑誌『薔薇族』を出す前に、20冊は男性同性愛の本を作ったね。それぞれよく売れた。5000~1万人くらいの顧客はつかめている、という実感があった」

 だが当然ながら、表立ってこうした本を買うことに抵抗のある人も多い。そのため、下北沢にある第二書房まで直接本を買いに来る読者は後を絶たなかった。その多くは、出迎えた伊藤相手に切々と苦悩を語ったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』