サイゾーpremium  > 連載  > おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」

――おたけ博士・植野行雄・アントニーが、過激な実験でアダルトグッズを科学する!

1806_0320s_1078t_fix_520.jpg
(写真/斎藤大嗣)

セックス・トイの新たな可能性を模索するアダルトグッズ研究所。その実験棟を覗いてみると、所長のおたけが助手の植野&アントニーと一緒にペットボトルロケットの製造に勤しんでいた。でも、よ~く見ると先端部分のノーズコーンがとってもあやしげなんだけど……。今月はロケットよりも激しく女性を昇天させる魅惑のグッズを紹介する!

おたけ 今日は女性用のアダルトグッズについて研究してみようと思う。

――実験テーマは乳首を責める吸引ローターの「すぅ」になります。

植野 えーと、吸引ローターですか? 初めて耳にするんやけど……。

アントニー パッと見た感じはオシャレなデンマみたいですね。

おたけ この「すぅ」は先端部分にあるくぼみが吸引口になっていて、そこに乳首やクリトリスを当てるとギューッと吸い込んでくれるというシステム。まずは2人とも、指を入れてみなさい。

植野 これ、結構な吸引力ですね。

おたけ ボディに3つ並んでいるボタンの一番上を押すと、7パターンの吸い込みリズムを変更できるぞ。

アントニー ホントだ。押すごとに違ったリズムで吸い込んでくれますね。

おたけ しかも、この「すぅ」は吸引だけではなく、振動による快感を同時に味わうことができる。

植野&アントニー 振動ですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

“新型コロナ報道”の正しい読み方

“新型コロナ報道”の正しい読み方

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ