サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 写真はどんな嘘をついてきたのか?【2】/報道写真をめぐる【加工】の境界線
第1特集
写真はどんな嘘をついてきたのか?【2】

戦場写真をトイカメラ風に!? 報道写真をめぐる加工の境界線

+お気に入りに追加
1806_Newsweek_300.jpg
O.J.シンプソン事件を伝える二誌。同一の写真を採用しながら、印象の違いは明らか。

――デジタル化が進む写真において、もはや加工はありふれたものとなった。被写体を見やすくするため、撮影者の意図を強調するため……その理由はさまざまだが、こと報道写真についてはその是非が問われている。

 前記事「政治とフォトジャーナリズムが作ってきた歴史の裏側――戦争は“フェイクニュース”の温床!? 写真が形作ってきた“偽史”」では“写真のウソ”について、主に演出や恣意的な利用について触れたが、人の目を引くよう、あるいは読者に見やすいように加工された報道写真についても議論はかまびすしい。有名なものでは、1994年に発生したO・Jシンプソン事件にまつわる報道が挙げられる。かつてNFLの世界で名声を馳せたシンプソンが、元妻とその交際相手を殺害したとされるこの事件。「ニューズウィーク」は警察が提供したシンプソンの顔写真をそのまま表紙に据えたのに対し、「TIME」は同じ顔写真の明度などを落としたものを表紙として掲載した。黒人の元スーパースターによる事件という特性をよりセンセーショナルに報じようとした「TIME」には、抗議が相次いだという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』