サイゾーpremium  > 連載  > マルサの女  > 【澤北るな】男の人が苦手なんです。
連載
マルサの女

【澤北るな】男の人が苦手なんです。

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1804_M9A7266_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 東洋と西洋のミクスチャー「シャンパリ(上海×パリ)」の世界観で、人間離れしたアンドロイドを演じていただいたのは、2017年デビューするなり各誌表紙を総なめにしたグラビアアイドルの澤北るなさん。サイゾーの撮影現場はいかがでしたか?

「楽しかったです! いつもはナチュラルメイクでニコニコしてる現場が多いんですけど、今日はがっつり濃いメイクで。実際プライベートでもバッチリキメたメイクが好きなので、気分がアガりました」

 それはよかった。そもそも澤北さんがデビューされたきっかけとは?

「高3の夏休みに、バイトしていた飲食店でスカウトされたのがきっかけですね。一見あやしいなとは思ったんですけど、ちょうどその頃大学に進むか悩んでて、そこに来た話だったので『芸能界もいっかな』と、早々に受験戦争から逃げました(笑)」

1804_M9A7042_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 わりと後ろ向きな動機なんですね。もともと芸能界に憧れもなく?

「そうですね。なのであんまり共演する芸能人の方々には緊張しないんですけど、それよりも人見知りが激しくて、今のテーマはその克服です」

 原稿上では、結構しゃべってるように構成してますが、今日もあんまり目を合わせてくれないし、会話もばっさり切っちゃいますよね。

「すみません、会話のキャッチボールができなくて。特に男性との世間話が苦手なんです」

1804_M9A7186_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 じゃあ、美容院や洋服店とかは?

「最悪ですね(笑)。できたら話しかけないでほしい。洋服もネットで先にチェックして、お店に実物を見に行って、買うのは通販サイト、みたいな」

 ずいぶん重症ですね。そんななかでも盛り上がる話題ってないんですか?

「最近肌荒れがひどいので、スキンケアの話は大好きです」

1804_M9A7367_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 男がからみにくいネタですねー。でも今後グラビア活動だけじゃなく、演技やタレントといった取り組みで、「人見知り」は克服すべきでは?

「そうなんです。それで演技スクールも受けてみたんですけど、意識が高い子に圧倒されて、最初のレッスンで、号泣して帰ってきちゃいました」

 前途多難……。では最後に、今後の目標は?

「『しゃべくり007』(日本テレビ系)みたいなバラエティが大好きなので、いずれ出てみたいです」

1804_M9A7085_s_520.jpg
(写真/kisimari・W)

 いや、それ相当腕を磨かないとヤバいですよ……。

「実際親しい友達にも『何言ってるかわからない』ってアホ扱いされて、『それはいくらなんでもないだろう』と思ったんですけど、自分が話している動画を見たら、確かに『滑舌も悪いし、内容も意味不明』だったので、今後の課題ですね」

 天然キャラとしてはとってもかわいくてナイスですが、頑張ってください。

(文/熊山准)
(スタイリング/相澤 樹・LUCKY STAR)
(ヘア・メイク/奥平正芳)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

さわきた・るな
1998年11月11日、東京都生まれ。162センチ、B82W58H82センチ。高校時代、バイト中にスカウトされ、2017年春にグラビアデビュー。「週刊プレイボーイ」「ヤングジャンプ」(共に集英社)、「ヤングチャンピオン」(秋田書店)、「ヤングキング」(少年画報社)、「週刊アスキー」(KADOKAWA)、「ヤングアニマル」(白泉社)など、さまざまな雑誌の表紙を飾る。趣味はダンス、特技はバスケットボール。公式Twitter〈@luna__gl

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』