サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【バブル期】の雑誌は何を残したか?

――今、“バブル時代”のファッションや音楽がちょっとしたブームになっている。サイゾー読者にはあまりなじみがないだろうが、バブル期の80年代後半から90年代初頭には、大学生やサラリーマンはこぞってデートマニュアルが特集された雑誌を購入していた。こうした世代が50代を迎え、現在の雑誌にどのような影響をもたらしているのだろうか?

1803_bubble2_520.jpg
バブルの時代、「Hot-Dog PRESS」に掲載された特集記事『あのコと楽しむ夏作戦』。

 極太眉に肩パッド、ロングソバージュに巨大な携帯電話。バブル期の風俗をコミカルに取り上げた芸人・平野ノラのブレイクや、2017年のNHK紅白歌合戦への出場も果たした、荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせた登美丘高校ダンス部のバブリーダンス、さらには京都・祇園にバブル期の伝説のディスコ「マハラジャ」が復活するなど、バブルという時代とその文化が、およそ30年の時を隔てて改めて脚光を浴びている。

 一方で、バブル時代に会社に大量就職した「バブル世代」は、近年何かと批判されている。例えば、18年1月14日に東洋経済オンラインで配信された「『バブル世代』が会社で煙たがられる根本理由」という記事では、『バブル入社組の憂鬱』(日経プレミアシリーズ)の著者である相原孝夫氏の話として、バブル入社組は「世代的特徴として『コミュニケーション能力が高い』とされる一方、『根拠なく楽観的』『見栄っ張り』『会社に依存』」ともいわれ、下の氷河期世代と激しく対立している」と分析されている。

 今回は雑誌特集ということで、何かと話題となるバブル世代に編集された雑誌の特集記事を取り上げることで、“バブル世代”と“バブル期の雑誌”が現代社会にどう影響を及ぼしたのか、分析してみたい。前提としてバブル期とは、一般的に1987~91年の5年間がその中心にあたる。いうまでもなく、まだインターネットが一般的でないその時代、若者の最大の情報源は雑誌だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』