サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 名作の「外伝」その中身とは?【1】/本家を超える【スピンオフ】を探せ!
第1特集
名作の「外伝」その中身とは?【1】

派生作品は元ネタの力量ゆえ……か?――業界不況が生んだ新たな金脈!本家を超えるスピンオフを探せ!

+お気に入りに追加

毎年恒例のマンガランキング『このマンガがすごい!2017』(宝島社)の1位に選ばれたのは『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ作『中間管理録トネガワ』(共に講談社)だった。これに限らず、近年、業界ではこうした人気作品のスピンオフが目につくようになり、中には原作を“喰う”作品も登場しているという――。

1802_P080-083_img001_300.jpg
映画化も大ヒットを記録した『闇金ウシジマくん』には、個性的なキャラが多数出演する。

『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』『闇金ウシジマくん外伝らーめん滑皮さん』『やみきんっ うしじまきゅん』。これらは、いずれも闇金融「カウカウファイナンス」の社長・丑嶋馨を主人公にした人気マンガ、『闇金ウシジマくん』から派生した、スピンオフ作品である。『闇金ウシジマくん』自体も、現在「ビッグコミックスピリッツ」(すべて小学館)で連載中の人気作品であるのだが、その原作と同時進行の形で、よく似た絵柄ながら別のマンガ家によってスピンオフが描かれている。わずか10年ほど前には、このような現象はあまり考えられなかったのではないだろうか?

 具体的に各作品を見てみると、『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』は、同作に登場する極悪キャラ・肉蝮を主人公にしたスピンオフ。肉蝮が耳を引きちぎったり、目玉をくり抜いたりと、ホラーマンガさながらの凄惨な描写が目を引く。

『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』は、同じくウシジマくんのキャラであるヤクザ・滑皮を主人公としながら、ラーメングルメマンガとなっている異色作品。滑皮がヤクザのシノギの合間にラーメンを豪快に味わう。そのガサツな食べ方も、かえって美味そうに感じるのがポイントだ。

 本編を踏襲した絵柄ながら、作画の山崎童々の過去作を見ると、ウシジマくんとは似ても似つかない少女マンガ調の絵柄で、コピー力の高さをうかがわせる。そして、『やみきんっ うしじまきゅん』は、「ウシジマくん」の登場人物たちの頭身を低くディフォルメした、いわゆる「SD化」で、おなじみのキャラたちによるギャグが繰り広げられる。

 同様の展開は、高額のギャンブルで生徒間の力関係が決まる高校を舞台とした『賭ケグルイ』にも見られる。2014年の連載開始ながら、すでに、ヒロインのライバルを主役に据えた『賭ケグルイ双』『賭ケグルイ妄』、そしてSD化のパターンに属する『賭ケグルイ(仮)』(すべてスクウェア・エニックス)が同時に進行中だ。いずれも、原作としては本編と同じ河本ほむら氏がクレジットされているが、作画者はそれぞれ異なるのがポイント。こういった現象について、マンガに詳しいライターの奈良崎コロスケ氏はこう分析する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』