サイゾーpremium  > 連載  > 法“痴”国家ニッポン  > 河合幹雄の法痴国家ニッポン【62】/【山尾志桜里】当選に見る政治史
連載
河合幹雄の法痴国家ニッポン【62】

【不倫疑惑の山尾氏当選】山尾志桜里“不倫当選”に見る「不貞行為と姦通罪」の日本政治史

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

不倫疑惑の山尾氏当選

1712_P104-105_001_250.jpg

2017年9月、「週刊文春」が、民進党元政調会長・山尾志桜里衆議院議員の男性弁護士との不倫疑惑を報道。山尾氏は疑惑を否定したものの、内定していた民進党幹事長への起用は見送られ、同氏が離党届を提出する事態に。同氏は翌10月、第48回衆院選に無所属で立候補。自民党前職の鈴木淳司氏との一騎打ちを834票差で制し、3回目の当選を果たした。


 2017年10月22日に投開票が行われ、結局は自民党の圧勝に終わった第48回衆院選。振り返るとメディアや国民の関心は、民進党の事実上の解党や希望の党への合流、立憲民主党の結成など、もっぱら野党の混乱ばかりに向けられていた印象です。

 そんな中で私は、ある意味ではそうした政局以上に重要かもしれない、とある事象に興味をそそられました。それは、不倫疑惑を報じられた元民進党の山尾志桜里が無所属で出馬し、僅差ながら当選を果たしたことです。

 というのも山尾の当選は、不倫全般、特に政治家の不倫に対するバッシングが強まっているように見える中で、その疑惑を持たれた女性政治家が逆風をはねのけた、おそらくわが国の政治史上初の“快挙”だからです。そしてそれは、政治家の不倫というものに対する社会の認識が、長い年月を経て変遷してきた歴史と、その帰結としての現状を象徴するできごとでもあるのです。それはどういうことか、歴史を振り返りながら解説したいと思います。

 まずは予備知識として、そもそも不倫なるものが日本の法律においてどのように規定されているかを確認しておきましょう。民法では不倫は「不貞行為」と定義され、第770条において離婚事由になると定められています。この場合の不貞行為とは、配偶者以外の異性との性行為を指し、配偶者以外との性交渉を伴わないデートやキス、あるいは婚姻関係にない男女の浮気などは含みません。そして不倫した配偶者とその相手は、不貞行為を含む不法行為による損害賠償について規定した第709条および第710条にもとづき、不倫された配偶者に対して損害を賠償する責任を負います。

 それに対して刑法には、不貞行為を処罰する規定はありません。要するに現在の日本において不倫は、貞操義務違反により民事上の損害賠償責任が生じる「不法行為」ではあるが、刑事責任を問われる「犯罪行為」ではなく、その行為自体によって警察に逮捕されたりはしないということです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』