サイゾーpremium  > 特集2  > ジリ貧ラジオが今背負うもの【2】/【星野源】が伊集院光を倒す日
1703_2_gairon_column1_230.jpg
ラジオリスナーをきっちり押さえていく、まさにポスト福山雅治の名に恥じない手腕。

「ついに伊集院の牙城が崩れるか──?」昨年12月、ラジオ好きの間でちょっとした騒ぎが起きた。ニッポン放送が、12月12日月曜深夜(25:00~27:00)の『星野源のオールナイトニッポン』が同時間帯首位を獲得したと発表したからだ。月曜深夜は、モンスター番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』が20年以上にわたって君臨する時間帯。数多のパーソナリティがこの壁に挑み、散っていった。

 実際のところ、まだ『星野源のANN』は聴取率調査期間に『深夜の馬鹿力』に勝ったことはない。だが、『星野源のANN』は約半分のリスナーがradikoのタイムフリーで聴いていることがわかっており、従来のラジオリスナーとは異なる層を取り込んでいる。女性人気の高さに加え、番組内で星野自身が愛好する『アイドルマスター』や声優の話をすることで、オタク層にも届いている。このまま『星野源のANN』が続けば、文化系肉食男子の新スターが、サブカル非モテラジオスターを打ち破る日が来るのかもしれない──。

意外と知らない、攻める声優ラジオ――ベテラン声優が女性用下着を……!?

1703_a03_gairon_column2_230.jpg
女性リスナーの耳を育てている……わけではないのだろうか。

 こちらの記事でも触れた通り、声優ラジオは人気ジャンルのひとつ。

「小野大輔さんは伊集院チルドレンだし、神谷浩史さんは元コサキンリスナー。声優さんは、意外と深夜ラジオを聴いて育った人が多い。そんな人たちがやっている番組なので、深夜ラジオに似た雰囲気もあるんです」(「声優ラジオの時間」編集人・村上謙三久氏)

 中でも村上氏がオススメするのは、『ユニゾン!』(文化放送)だ。関智一、柿原徹也、寺島拓篤、鈴村健一という人気声優が日替わりでパーソナリティを務める月~木曜深夜の生ワイド番組で、スマホゲーム『ボーイフレンド(仮)』がスポンサードしている。

「声優総選挙5位に選ばれたベテランの関智一さんが、ローションまみれになってスイカ割りをしたり、女性の下着を凍らせてブーメランのように投げて的当てをしたり、女性リスナーが大半の番組で好き勝手にやっているのが面白い。一方で木曜の鈴村健一さんは、『おぎやはぎのメガネびいき』の裏で、直球の人生相談コーナーをやっている。『ユニゾン!』は深夜ラジオの中でも今要注目だと思います」(同)


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』