サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 光の加減と背景・水着の色でグラビアの印象がこう変わる!/【光と色】で変わる写真の視覚効果

――雑誌の表紙をひとりで飾りまくる……グラドルにとっては、それが“売れている”ことのひとつの指標になっている。当然、各誌が趣向を凝らしたグラビアで勝負しているわけで、被写体が同じでも、その印象は媒体によって大きく変わってくる。ここでは、撮影技法が見る人の印象にどんな影響を与えるか、分析してみた。

1703_hikaritokages.jpg
『馬場ふみかファースト写真集 色っぽょ』(集英社)

 2016年夏頃から、「モグラ女子」という言葉を耳にするようになった。モグラ女子とは、モ(デル)とグラ(ビア)を両立する、女性にも男性にも支持される美女たちだ。例えば、サイゾーもたびたびお世話になっている筧美和子ちゃんはファッション誌「JJ」(光文社)の、久松郁実ちゃんは「CanCam」(小学館)の専属モデルを務めながら、週刊誌やコミック誌のグラビアでも活躍している。

 そうした数々の人気モデルたちを押しのけて、今“モグラ女子の代表格”と言われているのが、「non-no」(集英社)の専属モデルを務めながらも、推定D~Eカップの美乳と美しい曲線を描くくびれ(通称:神の造形)で注目を集める馬場ふみかちゃんだ。

 彼女は、「週刊プレイボーイ」(集英社)が運営するデジタルコンテンツ「週プレ グラジャパ!」の「グラジャパ・アワード2016」で大賞を受賞。16年にリリースされたコンテンツの売り上げなどが高く評価された。さらに「スピリッツ」(小学館)、「FRIDAY」(講談社)、「SPA!」(扶桑社)など、彼女が昨年表紙を飾った媒体はジャンルも読者層も多岐にわたる。それらの写真はそれぞれがまったく異なるテイストで、同じ“神の造形”のはずなのに、別人のように見えるものもある。

 写真の撮り方によって、同じ人物でも人に与える印象が変わってしまう──当たり前のことだろうが、そこには何か、テクニカルな理由もあるのだろうか? そこで、今回は写真のプロであるカメラマン、そして、光や肌などの視覚効果を探求する研究者に、分析を依頼した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』