サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 光の加減と背景・水着の色でグラビアの印象がこう変わる!/【光と色】で変わる写真の視覚効果

――雑誌の表紙をひとりで飾りまくる……グラドルにとっては、それが“売れている”ことのひとつの指標になっている。当然、各誌が趣向を凝らしたグラビアで勝負しているわけで、被写体が同じでも、その印象は媒体によって大きく変わってくる。ここでは、撮影技法が見る人の印象にどんな影響を与えるか、分析してみた。

1703_hikaritokages.jpg
『馬場ふみかファースト写真集 色っぽょ』(集英社)

 2016年夏頃から、「モグラ女子」という言葉を耳にするようになった。モグラ女子とは、モ(デル)とグラ(ビア)を両立する、女性にも男性にも支持される美女たちだ。例えば、サイゾーもたびたびお世話になっている筧美和子ちゃんはファッション誌「JJ」(光文社)の、久松郁実ちゃんは「CanCam」(小学館)の専属モデルを務めながら、週刊誌やコミック誌のグラビアでも活躍している。

 そうした数々の人気モデルたちを押しのけて、今“モグラ女子の代表格”と言われているのが、「non-no」(集英社)の専属モデルを務めながらも、推定D~Eカップの美乳と美しい曲線を描くくびれ(通称:神の造形)で注目を集める馬場ふみかちゃんだ。

 彼女は、「週刊プレイボーイ」(集英社)が運営するデジタルコンテンツ「週プレ グラジャパ!」の「グラジャパ・アワード2016」で大賞を受賞。16年にリリースされたコンテンツの売り上げなどが高く評価された。さらに「スピリッツ」(小学館)、「FRIDAY」(講談社)、「SPA!」(扶桑社)など、彼女が昨年表紙を飾った媒体はジャンルも読者層も多岐にわたる。それらの写真はそれぞれがまったく異なるテイストで、同じ“神の造形”のはずなのに、別人のように見えるものもある。

 写真の撮り方によって、同じ人物でも人に与える印象が変わってしまう──当たり前のことだろうが、そこには何か、テクニカルな理由もあるのだろうか? そこで、今回は写真のプロであるカメラマン、そして、光や肌などの視覚効果を探求する研究者に、分析を依頼した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』