連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【15】

山田哲人との一件、ヤクルトファンが騒ぐのであれば、チェキッ娘ファンだって黙ってないぞ!【熊切あさ美】に花束を

+お気に入りに追加

『熊切あさ美』

1610_nishikokubunji_200.jpg

「女性セブン」9月1日号にてタレント・熊切あさ美と東京ヤクルトスワローズ・山田哲人との“お泊まり愛”が報じられた。所属事務所や球団広報は、共に「友人のひとり」と回答。ここにおいて「男女の友情は成立するのか?」という議論を持ち出す奴はいなかった。
※写真は、ツイッタープロフィールより。



「女性セブン」9月1日号にて報じられたタレント・熊切あさ美(36)と東京ヤクルトスワローズ・山田哲人(24)との“お泊まり愛”。

 この件で、熊切のほうがバッシングされているという状況がなんだか解せない。

 ネットでは「(山田には)もっとふさわしい相手がいる」などと昔の少女漫画でヒロインの恋路を邪魔する継母みたいなことを言う奴もいれば、「女性の選球眼はイマイチ」などと、もはや使い古されたフレーズすぎてそのセンスがイマイチな奴までいる。

 なんでもこの山田という選手、“日本球界の宝”と称されているからこそ、このような騒ぎになっているようなのだが、ちょっと待て。熊切だって、これまでにたくさんの“お宝ショット”を我々に提供してくれているではないか。“宝”という意味では、引けは取っていない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載