サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【ライブチャット】で儲けるカラクリ

――どんなに動画サイトが勃興しても、結局話題になるのはテレビでもおなじみの人ばかり。そんな中「素人」に付加価値のつく動画がある。それが、ライブチャットだ。自らの痴態をアップして、人気者へと成り上がる素人ポルノスターが世界中で増えているらしいが、同時に怪しい噂も見え隠れ。そんなアングラなエロの裏側に迫る。

1610_chatbasic_520.jpg
■ライブチャット基礎知識
↑画像をクリックすると拡大します。

 アダルトサイトの世界で、ライブチャットが存在感を増している。ライブチャットとはウェブカメラでライブ動画をネット配信しながら、マイクで話したりタイピングでコメントしたりするサービスだ。アダルトとノンアダルトの2種類があり、前者は配信者がコメントしてくる視聴者たちの要望にこたえて服を脱いでいき、下着姿や手ブラになる。ただ、後者でも主となるやりとりは下ネタ。そこから、さらにツーショットとパーティチャットに分かれる。ツーショットは配信者のチャットルームに、ひとりの視聴者だけが入室し、やりとりするビデオ電話のようなもの。パーティは複数の視聴者が、配信者のいるチャットルームに入室するというものだ。

 ライブチャットにはパソコンの画面を通して、タダで痴態を見せてくれる“女神”たちがいるというわけではない。彼女たちの目的は金だ。ライブチャットには誰でも見られる無料配信だけでなく、クレジットカード払いでポイントを購入した視聴者のみが見られる有料配信がある。そこでは、配信者がリアルタイムで視聴者が支払った金で服を脱ぎ、裸体だけでなく、性器が映りそうなぐらいのオナニーまでも見ることが可能。そして、視聴者が払った有料ポイントを手数料は差し引かれるが、配信者は現金化できる。そのため“IT系風俗”という認識が一般的である。

 配信者と視聴者のやりとりや動画内容は、日本でも海外でも大差ない。しかし、そんなライブチャットをめぐる環境は大きく異なるようだ。性風俗研究家・松沢呉一氏は、海外の大手ライブチャット『CAM4』を長年ウォッチしてきた経験を語った。

「世界中のあらゆる国からさまざまな人が配信しています。ゲイなどセクシャルマイノリティが多いのもCAM4の特徴です。どこまで仕込みかはわからないですけど、“仕事中”と言って、職場らしきデスクの下にカメラを設置してパンチラ配信する人もいました。また、日本人でも普段はニコ生で配信している女の子が裸で下手なバイオリン弾いていましたよ。エロが前提にあるんですけど、個人的にはYouTubeを観る感覚にも近い。パフォーマーの工夫が面白いんですよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』