サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 文学出版【差し止め事例】
1605_kaishubon2.jpg
『三島由紀夫―剣と寒紅』(文藝春秋)

 本文では掲載しきれなかったが、文学とプライバシーをめぐる問題で出版差し止め・回収をめぐって裁判で争われたケースもある。

 作家・柳美里の『石に泳ぐ魚』(新潮社)という作品は、1994年に雑誌に掲載された。その後、モデルになった女性から出版差し止め訴訟を起こされ、最高裁で柳美里側の敗訴が決定。これは、同じくモデルとなった人物から訴えられた三島由紀夫の『宴のあと』(同)以来の、文学とプライバシーをめぐる大きな裁判となった。

 当の三島由紀夫に関しては、死後28年を経て、かつて交友関係にあった福島次郎という男性が98年に刊行した『三島由紀夫─剣と寒紅』(文藝春秋)は、三島と著者の同性愛関係が赤裸々に描かれていたことから、大きな物議を醸した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』