サイゾーpremium  > 特集2  > 春画専門家が教える【江戸のセックス】
第2特集
日本人とおっぱいの歴史学【3】

春画専門家・永井義男が教える「江戸のセックスはまず性交ありき!」

+お気に入りに追加
1604_3toku_01.jpg
1799(寛政11)年に出版された春本『願ひの糸ぐち』より、喜多川歌麿が描いた春画。
(画像提供/国際日本文化研究センター)

 江戸の春画では、女の乳房が性的な対象として描かれることは少ない。そんななか、上図のような春画もある。

 対面座位で性交しながら、男が乳首を口にふくんでいる。

 春画には、乳房だけを愛撫している図柄はほとんどない。たいていは図のように、まず陰茎を女の陰部に挿入し、それから舌で乳首をなめるという展開が多い。まず性交ありきである。

 この展開は、実際の男女の性行為でもほぼ同じだったと思われる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド