サイゾーpremium  > 特集2  > もう【ジャニーズ】は怖くない!? EBiDANとは何者か?

――長らくジャニーズ帝国の寡占状態が続いてきた男子グループアイドル界が、いま動こうとしている。LDHの台頭に続いて、今この市場に殴り込みをかけんとしているのが、スターダストプロモーションが放つEBiDANだ。ももいろクローバーZで培った“接触”とドサ回りというメソッドを注ぎ込み、女子を熱狂させる新勢力に迫る!

1508_EBiDAN_1.jpg
アイドル誌への出演はあまりないが、スターダスト出版が発行する公式雑誌「EBiDAN」がある。

「10年前だったら、とてもできなかったでしょう。男子のグループを組むとなったら、テレビ局やメディア側がジャニーズへ“配慮”するのは当然のこととして、マネジメント側もジャニーズの威光にひるむところが大きかった。今でも相変わらず『ミュージックステーション』(テレビ朝日)には出られないし、おおっぴらにアイドルは名乗っていないですが、隙間を縫ってフィールドを選びながら、彼らが仕掛けられているのがわかります」

 そう語るのは、音楽業界の関係者だ。「彼ら」とは誰か? それは、スターダストプロモーションが仕掛ける男子集団「EBiDAN」のことを指している。

 実によく知られている通り、日本の男子アイドル市場は、長らくジャニーズ事務所という巨大な存在が独占してきた。その壁は高く厚く、これまでに多くの男子たちが挑んでは敗れ去っていった。だがこの数年、ジャニーズ帝国の足元では、地殻変動が続いている。

 まずこの市場に巧妙な形で進出したのが、LDH勢だ。始祖たるEXILEはジャニーズとは相反する男くささが特徴であったが、三代目 J Soul Brothers、GENERATIONSと、年若のグループになるにつれて外見は垢抜けてゆき、女子中高生の熱狂ぶりはまさにアイドルに対するそれといっていいものになっている。そしてEXILEと時を同じくして、東方神起をはじめとするK-POP勢が大ブレイクを果たしたのも重要な出来事だった。歌って踊れるイケメン集団はジャニーズだけではない──日本の女子がそう知った今、男子アイドル市場には多様性が生まれつつある。

 そしてここに第四勢力として浮上してきたのが、冒頭で述べたEBiDANなのだ。始まりは2010年。14人体制になったEXILEが初のドームツアーを成功させ、東方神起が人気絶頂の最中に5人での活動を終わらせた陰で、ひっそりと誕生した。「EBiDAN」とはひとつのユニット名ではなく、いわばアップフロントプロモーションにおけるハロー!プロジェクトのようなもの。つまり、スターダストにおける男子アイドルグループの総称だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』