サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【『絶歌』】に見る幻冬舎・見城社長の暗躍
第1特集
文壇から出版ビジネスまで業界お騒がせワイド【3】

太田出版社員は発売を知らなかった? 世間の感情を逆なで『絶歌』幻冬舎・見城社長の暗躍

+お気に入りに追加

――神戸連続児童殺傷事件の犯人による『絶歌』。幻冬舎の見城徹社長が、同作出版に際して暗躍していたことが露呈し、すっかり業界フィクサーの名を戴冠してしまっている。

1508_wide_3.jpg
(絵/小笠原徹)

 97年に日本を震撼させた「神戸連続児童殺傷事件」。あれから18年を経た今年6月、少年院を退院し社会生活を送っていた「酒鬼薔薇聖斗」こと元少年Aが、事件について綴った手記『絶歌』を突如発表し、目下世間を騒がせている。

 刊行されるやいなや、版元の太田出版に批判が集中しネットは大炎上。大きな不買キャンペーンにまで発展した。しかし炎上商法さながら、『絶歌』はベストセラーになり、初版10万部に加え5万部の増刷も発表された。もちろん週刊誌をはじめ、マスコミで大きく取り上げられたことの影響も大きい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ