サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 精神病患者の【天皇妄想】のナゼ
第1特集
精神病と日本人の"無意識"

精神病と日本人の“無意識” 「天皇の近親者である」という“妄想”はなぜ生まれるか? 

+お気に入りに追加

――かつて新右翼の活動家・見沢知廉は小説『天皇ごっこ』で、精神病院に入院している患者たちがこぞって「我こそは天皇」と言い募るさまを描いた。医学的には、こうした症状を「血統妄想」という。健康な精神状態であれば日常生活の中で「天皇」を意識する機会は少ない。ではなぜ、精神病患者たちの妄想の中には、「天皇」が入り込んでくるのだろうか?

1506_mousou_01.jpg
めかしこんで入院患者をしたがえる葦原金次郎。(画像/近代デジタルライブラリー)

 平成のこのご時世、“天皇”という存在と自分自身の関係を強く意識することは少ない。だがしかし、右派左派という思想信条を持つ人のみならず、実は「天皇」という存在が日本人の意識下に深く刻まれていることには変わりはない。新右翼の活動家で、スパイ殺害事件などで逮捕歴もある作家の見沢知廉が執筆した小説『天皇ごっこ』(95年/第三書館)では、「陛下の赤子」という言葉を使ってその影響力の強さを表現している。しかし、影響力があまりに絶大だからこそ、時には少々困った事態を引き起こしてしまうこともあるのだ。

 精神医学の世界では、自身が高貴な者、もしくは高貴な者と関係があると妄想する「血統妄想」という症例がある。日本では、この血統妄想の対象として、天皇や皇族がしばしば選択される。「私は天皇の隠し子である」「皇族の血筋を継いでいる」といった類いの妄想である。『天皇ごっこ』では、精神病院で天皇を題材とした演劇を企画して治療を試みる様子や、自身を天皇と称し、世界の建て替え建て直しを主張する患者の様子などが描かれている。

 実在の人物でも、葦原金次郎(1852-1937)という、天皇を自称した患者として戦前に注目を集めた人がいる。元は櫛職人だったが統合失調症を発症し、誇大妄想を抱くようになった。大澤真幸の『近代日本思想の肖像』(講談社学術文庫)によると、明治天皇が巡幸に来た際に、「やあ、兄貴」と声をかけたこともあった。「不敬」と捉えられかねない葦原の振る舞いだが、東京府が開催した東京大正博覧会(1914年)で石膏像が展示されるほど、当時の国民から好奇の目で見られ、名物男として知られた存在だったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』