サイゾーpremium  > 連載  > 【藏本天外×城咲仁】なんでも吸収したいんです

――メンタリスト藏本天外氏と、毎月登場するゲストによる“メンタル対談”連載。

1505_kuramoto_01.jpg

藏本 今月は僕が原作・監督・主演を務めた映画『メンタリスト響翔Ⅱ──~心からの生還~』(2012年)で共演した俳優、城咲仁さんに来ていただきました。

城咲 ご無沙汰しています。

藏本 僕は仕事柄、まったく緊張しない人間なんですが、唯一緊張した人が城咲さんでした。とっぽいイメージを持っていたんですが、一緒に仕事をしてみたら非常に真面目で、常にストイック。そのギャップも相乗効果でしたね。

城咲 元ホストなので、そう思われるのは仕方ないですね(笑)。でも、実際に会うと、素朴な人間と思われることが多いですよ。

藏本 今は俳優業に力を入れているかと思いますが、どんな俳優を目指しているんですか?

城咲 飽きられない人間、存在感のある人間になりたいと思ってます。そのためには深みのある人間にならないといけない。最低でも年間100本以上の映画を見るんですが、まだまだ自分は薄いですね。

藏本 失礼な話かもしれませんが、そこに金銭欲が絡んでくるようなことは?

城咲 ホスト時代に比べると、お金に対する執着心はなくなりましたね。もともとお金が好きというよりも、ホストでナンバーワンになりたいという気持ちだったので、お金ありきでホストを始めたわけでもないんです。最近はいい車に乗りたい、いい服を着たい、高いお酒を飲みたいという気持ちも減りました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ