サイゾーpremium  > 連載  > 月刊桃色新聞【秘】情報局  > 【葉山 瞳×総選挙】Hはしたいときにしていいけど、選挙はそれじゃ困ります!
連載
月刊桃色新聞【秘】情報局【1】

【葉山 瞳×第47回衆議院議員総選挙】Hはしたいときにしていいけど、選挙はそれじゃ困りますから!

+お気に入りに追加

――AV女優が語る政治と性事のおカタイ話☆

1501_maxing_1.jpg
(写真/斎藤大嗣(go relax E more))

今月のトピック
第47回衆議院議員総選挙

2014年11月21日の衆議院解散に伴う選挙。同年12月2日公示、14日投開票。安倍晋三首相は今回の解散を「アベノミクス解散」と銘打ち、アベノミクスへの評価を最大の争点として位置づけた。しかし一方で、第2次安倍内閣の失策をうやむやにし、延命を図るための「大義なき解散」との批判も。

 AVメーカーMAXINGイチオシのAV女優さんに、あえてカタい時事ネタを振ってみるこの連載。前号まで続いた「お色気性事学入門」から2ページに拡大し、心機一転リニューアルです。グラビアも豪華になった記念すべき第1回のゲストは、2015年1月にデビュー予定の葉山瞳ちゃん。お題は、第47回衆議院議員総選挙です。

──93年生まれの瞳ちゃんは今回が初めての国政選挙になるわけだけど、ずばり、投票には行きますか?

葉山瞳(以下、) 行くかどうかはまだわからないです。っていうか、なんでいま選挙するんですか?

──おおっ、鋭い返しだ。確かに安倍首相の任期はあと2年残ってるし、誰も解散しろなんて言ってないんですよ。でも、消費税を上げるタイミングを15年10月から17年4月に延期するから、国民の信を問うと。

 延期っていっても、どっちみち増税するんですよね?

──ですね。消費税が5%から8%に上がったとき、しんどいなって感じました?

 大きい買い物したときは、レジで「そんなに!?」ってびっくりしました(笑)。たった3%上がっただけなのに、大きいですよね。できれば5%に戻してほしいです。

──ただ、政府の言い分としては、消費税を上げないと日本の国家財政が破綻してしまうと。特に今は、医療費や社会保障費が膨れ上がってるから。

 確かに、それはしょうがないかなって思いますね。高齢者も増えてますし。

──そこは納得できます? 「わたしたちは病院に行かないのに、どうして若者がお年寄りの医療費を負担しなきゃいけないの?」みたいな意見もありますけど。

 正直、わたしもちょっとはそう思うんですけど、自分が年をとったときにそれを若者に言われたらイヤだなって。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』