サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 2局の内情を知る【テレビマン】座談会
第1特集
テレ東vsMX――東京を代表する2局の戦い【4】

テレ東のパクリ文化は古き良き伝統!? 2局の善悪を占うテレビマン座談会

+お気に入りに追加

――テレ東とMXの企画力や構成力は、果たしていかなるものなのか?在京キー局とローカル局のプロデューサー/ディレクター、そして制作会社関係者が語る、2局の体質と構造を考察。

1501_TV_16.jpg
同じ“東京”という言葉を冠にするTOKYO MX(写真左)とテレビ東京。共通項は多々あるが、2015年、(良くも悪くも)多くの話題を振りまくのは、果たしてどちらの局か?

【座談会参加者】
A…大阪準キー局関係者
B…都内キー局プロデューサー
C…都内キー局ディレクター
D…仙台ローカル局ディレクター
E…CS放送局ディレクター

E 僕は東京生まれ、東京育ちですが、今回のサイゾーの特集である”東京”という部分に主眼を置いたら、東京都の援助を受けているMXよりも、”東京らしさ”という点ではテレ東に軍配が上がる。

D 2局とも積極的に視聴できる環境ではありませんが、ガッツや攻めている姿勢は、テレビマンととして共感できる。地方における型破り番組は、視聴者からの苦情で、すぐに終了してしまうものが多いし、そういうイズムが東京らしさにつながるんですかね?

B 今は昔と違って、コアターゲットに向けた番組がもてはやされるようになり、テレ東・MX共に”低予算”ということから、そうせざるを得ないという面もあるね。

E “東京らしさ”という言葉と矛盾するかもしれないけど、テレ東のスタッフは、表向きは高飛車ではなく、謙虚で慎ましい。慢心や腹黒さも感じるけど、内側に隠している。「たいしたことないですから、ウチの局なんて」と表面的には言いながらも、「ついにきたな、俺たちの時代が」と思っているプロデューサー・ディレクターは山ほどいるよね。本来、テレビマンは裏方の仕事なのに、表に出てきたり、書籍を上梓したりとか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』