サイゾーpremium  > 連載  > 【キャン×キャン】前髪パカパカで薄毛を隠蔽しています。
連載
麻生泰のコンプレックス駆け込み寺【2】

【キャン×キャン】前髪パカパカで薄毛を隠蔽!必死の薄毛対策は「なんだかんだ薬飲むしか…」

+お気に入りに追加

かつて、自らも薄毛に悩んでいたAGAスキンクリニック統括診療部長・麻生 泰が、芸能人のお悩みをカウンセリング。

1411_katsura_01.jpg

麻生 玉城さんの「パカパカ」、テレビでよく見てますよ。カツラも使わず、本当に上手に薄毛を隠していますよね。

長浜 薄毛を隠蔽しているので、これは「いんもう(隠毛)」ですよね。

麻生 本当にやり方を教えてほしいくらい。ただ、僕は発毛治療を研究する前は本当にツルツルでしたから、玉城さんは隠す分が残っているだけラッキーだと思います。

玉城 いや、僕も後ろと横しか残っていないです。本当は昔の先生と同じツルツルですよ。

麻生 すごい。その髪型ができるなら、「もう薄毛治療なんていらんやん」と思ってしまう(笑)。ちなみに、どうやって作るんですか?

玉城 横の髪を肩にかかるくらい伸ばして、それを前に持ってきて、スプレーでガチガチに固めてるんです。サッカーに例えると、髪が全員フォワードで頑張っているというか。

麻生 何か薄毛対策はしているんですか?

玉城 それはもう、ありとあらゆるものをやりましたけど、今はプロペシアという薬を飲んで、なんとか維持している感じですね。若手芸人的には、薬の費用も結構厳しくて、何カ月か空いてしまうことがあって。そうすると、やっぱりドッと抜けるんです。だから、バイトをめちゃくちゃがんばって、薬を買って。

長浜 全部見てきましたけど、24~25歳くらいのころには植毛までしたし、それでおでこに毛が残っているから、パカパカを剥がすと二層になっているんですよ。

 この髪型になってからもまあ苦労していて、彼女といるときに、髪を洗ったふりして、少し水滴をつけてガチガチのままでベッドインしたり。髪を触られそうになると、合気道の達人ばりの手わざでかわしますからね(笑)。

麻生 カツラの苦労と一緒ですね。僕も友人にスーパー銭湯に誘われて、「なんでわざわざ、そんなところに誘うねん」と憤慨していました(笑)。

長浜 先生もお好きだそうですけど、マリンスポーツは大変ですよね。たまにロケでやると、相方がまったく別人になって海から上がってくるんですよ。芸人になってよかったな!

麻生 いまや「パカパカ」が立派な武器になっていますからね。大げさじゃなく、コンプレックスをポジティブに捉えて、自分の運命に勝ったんですよ。僕も薄毛じゃなかったらこの仕事をやっていなかっただろうから、共感できます。

長浜 僕もM字の薄毛が結構進んでいるんです。それに太りやすい体質だから、2週間で5~6キロ落として、またすぐにリバウンドする……という感じ。だんだん痩せづらくなっているし、それがコンプレックスでもあるんです。

 2人してハゲると意味がわからないし、一応シャンプーを変えたり、頭皮をもみ出すように洗ってみたりしているんですけど、これって効果はあるんですか?

麻生 はっきり言って、効果はないですね。そんなことで生えてくるんだったら、薄毛に悩む人はいない。連載でも言ってきたことですが、何か特定のものを一生懸命食べても、やはり効果はありません。でも、薄毛に悩む人はなんでもやりますよね。

玉城 それこそ、「海藻類を食べる」は20代で卒業しました。なんだかんだ薬を飲むしかない、というのは実感してます。薬以外で、効果が出る薄毛対策はあるんですか?

麻生 単純な話で、成人病予防と同じく「健康な生活」を送るしかない。肥満にならないように正しい食生活と適度な運動を心がけて、よく睡眠をとる。そのほうが、どんなシャンプーを使うかよりはるかに大事です。でも、芸人さんは大変でしょうね。仕事は遅くまであるだろうし、飲み会も多いだろうし。

 最後に、コンプレックスを抱えている人たちにお2人からメッセージをもらえますか?

玉城 とことん情報を調べると楽になる、というのはありますね。それが第一歩かな。何も知らないときが、一番怖い。たくさん調べて、コンプレックスに対して何ができて何ができないかを知るだけで、ずいぶん気が楽になります。

長浜 僕も今日、先生の話を聞いて気が楽になりました。髪の洗い方にこだわるより、まずは痩せて、よく寝ようと。シンプルな結論ですけど。

麻生 治療するかどうかは別として、医者としては、コンプレックスをプラスに転じるような生き方をしてほしいと願っています。

(構成/橋川良寛 bluepoint)

キャン×キャンさん
長浜之人(1977年、沖縄県生まれ。ボケ担当。写真左)と玉城俊幸(1979年、沖縄県生まれ。ツッコミ担当。写真右)によるお笑いコンビ。多彩なギャグを盛り込んだ漫才で人気を博す。

麻生 泰(あそう・とおる)
1972年、奈良県生まれ。AGAスキンクリニック統括診療部長。東京美容外科統括院長。 大阪医科大学形成外科にて研修医終了。大学病院や大手美容外科で院長、診療部長を歴任後、東京美容外科を設立。また、AGAスキンクリニックの設立にもかかわり、統括診療部長を兼任する。自身の薄毛に悩み、治療方法を模索・研究し、現在の治療法を確立した。

1411_katsura_02.jpg

AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニックは、全国に展開、拡大し、東京美容外科と合わせて全国29院(2014年6月現在)で麻生メソッドの発毛治療を受けることができる。
ご予約・ご相談は、TEL:0120-2323-48 URL〈http://www.aganavi.jp/

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』