サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ファッションSNSアプリ】覇権闘争
第1特集
ファッション×ウェブ戦略 最適解はどのアプリ?

コーデ共有か、イメージ共有か?ファッションSNSアプリ覇権闘争

+お気に入りに追加

――スタートトゥデイが運営するコーディネート共有アプリや、写真共有SNS「インスタグラム」、あるいはモバイルオークションアプリ等、ファッション関連のアプリが花盛りだ。ウェブへの参入が遅れたファッション業界は、今その遅れを取り戻そうとしているが、果たしてこの中で勝ち上がれるのはどのアプリなのか?

1410_IT_01.jpg
世界各地のファッションウィークの模様もニコニコ生放送で配信された。

 ファッション業界は、この時代の流れの中にあって、ウェブへの取り組みが遅かった業界のひとつだ。業界の頂点に立ち、流行を発信してきたハイブランドは、コレクションという形式で新作を発表し、そこへ参加できるのはバイヤーやファッション誌のエディター、またはセレブなど一部の限られた層。一般人との情報格差は大きく、発信側と受信側には明確な線引きがされていた。それが2010年代に入ると、さすがにネット利用が加速。コレクションのライブストリーミングや動画配信をするブランドも多くなり、ツイッターやフェイスブックなどSNSの活用も目立ち始めた。ファッションニュースサイトも増加し、ネット上で情報を入手することが可能になると同時に、「ZOZOTOWN」のようなECサイトが定着したことによって、オンライン上で購買までを完結できるようになった。

 そこからさらに進んで、現在はスマホがウェブ事業の中心となり、ファッション業界のIT戦略の中心もスマホアプリへと移っている。そのなかで今最もユーザーを集め、国内のファッション業界で大きな影響力を持っているのが「WEAR」と「インスタグラム」だ。

「WEAR」とは、「ZOZOTOWN」を擁する株式会社スタートトゥデイが13年10月に始めたファッションコーディネートアプリ。登録は無料で、ユーザーが自分のコーディネート写真をアップすることで、次々とアプリ上にスタイルサンプルが蓄積される。また、タグの機能によって"ジーンズ""赤い靴"などアイテムや色を指定した検索もでき、"ビジネススタイル"から"ちょっとそこまで"といったシチュエーション、あるいは"前髪みじか"という前髪が短い人に特化した絞り込みまで、多様かつ細分化されたタグが用意されている。14年7月末時点でダウンロード数は300万を突破、コーディネート投稿数も100万件を超えた。雑誌の定番企画であるストリートスナップや「着回し一週間コーデ」とコンセプトは同じながら、比べものにならない情報量が積み重ねられている。

 もうひとつ面白いのは、「WEAR」が「影響力の大きいユーザー」を「WEARISTA」と認定している点だ。最も多いフォロワー数を誇るのは、ファッション誌でも活躍する元モーニング娘。の高橋愛で、その数は82万人以上。本職のモデルである鈴木えみや田中里奈も、共にフォロワー数70万人を超えている。ほかにも、安田美沙子のフォロワー数は11万人以上、男性では人気読者モデルのこんどうようぢが6万人程度であるのに対し、浅野忠信が29万人を超える人気を集めている。また今年5月には、人気のある一般ユーザー20人が初めて「WEARISTA」に認定された。赤文字系雑誌「PINKY」(集英社)の専属モデルだった鈴木えみと、きゃりーぱみゅぱみゅと同じ事務所アソビシステムに所属する青文字系の田中里奈が並び、さらに芸能界のオシャレ番長から人気ショップ定員、一般ユーザーまでが、「コーディネートを共有」というコンセプトのもと一堂に会する「WEAR」の巨大化は、当分止まりそうにない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」