サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 「固有権」とは各人に固有に備わっている権利のことである
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第7回

人々は国家が成立する以前から所有権を固有なものとしてもっている

+お気に入りに追加
1409_kayano_01.jpg
(写真/永峰拓也)

『完訳 統治二論』

ジョン・ロック(加藤節訳)/岩波文庫/1400円+税
17世紀イギリスの政治思想を代表する哲学者ロックの主著。フィルマーの王権神授説を否定し、政治的統治の起源を所有権を守るための社会契約によるものと主張。アメリカ独立宣言、フランス革命にも影響を与えた。

 ジョン・ロックは17世紀イギリスの哲学者で、彼の政治思想はアメリカ独立宣言にも大きな影響を与えたことで知られています。

 前回紹介したホッブズと同じように、ロックも国家のなりたちを社会契約の概念によって説明しました。ロックによれば、国家の役割とは人びとの自由と財産を守ることであり、国家はその役割のために人びとによって自発的につくられたものです。だから、国家が人びとの自由を抑圧したりしてその役割を果たせないときは、人びとは革命を起こしてその国家を倒してもいい。ロックはそんな民主的でラディカルなことを主張したんですね。ホッブズの社会契約論を民主主義的にバージョンアップしたのがロックの社会契約論だといってもいいでしょう。

 ただ、ここではロックの思想のそうした民主的な性格についてではなく、もう少し理論的な問題について話をしたいと思います。

 ロックは代表作『統治二論』のなかで、国家の目的を「固有権」の保全にあると考えました。「固有権」とは各人に固有に備わっている権利のことで、具体的には自由と所有権を指しています。つまり、人びとの自由を保障し、所有権を守ることが国家の役割だということですね。

 この考え方でいくと、人びとは国家が成立する以前から所有権を固有なものとしてもっているということになります。では、どのように所有権は成立するのでしょうか。ロックは二つめの引用文にあるように、各人がみずからの労働を自然物に付与することによって所有権は成立する、と考えました。

 たとえば誰のものでもない樹木に果物がなっているとします。これは引用文にある「自然が供給し、自然が残しておいたもの」に該当します。あなたはそれを食べたくて、手を伸ばしてもぎ取ります。その瞬間、あなたは果物に「自分の労働を混合し」「自身のものである何ものかを加えた」ことになり、それによって果物はあなたの所有物になりました。あなたの労働が自然物に加えられることで所有権が発生したのです。

 このことはどんな自然物に対しても当てはまります。人類の社会でもっとも根本的な所有権は土地の所有権ですね。あなたがもし誰のものでもない無主の土地にたどりつき、その土地を他から区別して耕したとします。それによってあなたはその土地に自分の労働を加えたことになり、土地の所有権があなたに発生するのです。

 このように成立した所有権は、しかし、そのままでは自分より強い人間に奪われてしまうかもしれません。そこでその所有権を守ってもらうために、人びとが協力して設立したのが国家です。人びとはその国家を設立・維持するために、みずからの所有物の一部を税金として納めるのです。

 こうしたロックの説明は、現代の私たちにとっても十分納得のいくものでしょう。とりわけ労働によって所有権がうまれるという説明は、労働によって賃金などの財産を得ている私たちにとって常識的といっていいものです。

 とはいえそこには疑問がないわけではありません。たとえば、もし人びとが国家を設立するまえに――つまり自然状態において――敵がやってきてあなたの土地を奪ってしまったら、その土地の所有権はあなたのものでしょうか、それとも敵のものでしょうか。

 ホッブズならこう答えるでしょう。その土地は明らかに敵のものである、と。ホッブズからすれば、国家が成立する以前の自然状態においては、そもそも所有権などというものは存在しません。たんに他人より早くその自然物――土地や果物――にありついた人が、みずからの力のおよぶあいだ物理的に占有しているにすぎません。いくら自然物に労働を加えたからといって、それだけでは所有権は成立しない、国家ができてその占有の事実を「権利上の所有」として認めて保護してくれるようになってはじめて所有権はうまれる、というのがホッブズの考えです。物理的な占有と権利としての所有を混同してはいけない、というのがホッブズの主張ですね。

 これに対してロックは、国家ができるまえから所有権はすでに成立していると考えます。国家によって認められようが認められなかろうが、労働によって所有権はうまれるのだ、と。そうでなければどうして人びとは国家なんてものを設立しようと思うのだろうか、みずから苦労して手に入れた所有権を守ろうとするからこそ人びとは国家を設立しようとするのであり、国家に保障されることではじめて所有権がうまれるのなら、人びとは守るものが何もないにもかかわらず国家を設立するというおかしな話になってしまう。これがロックの考えです。

 実際にはどちらが正しいのでしょうか。国家ができることではじめて所有権も成立すると考えるホッブズと、国家ができるまえから労働によって所有権は成立していると考えるロック。同じ社会契約論でもじつは肝心なところがぜんぜん違うんですね。これはどちらが民主的かということ以上に理論的には重要な問題です。読者のみなさんはどちらだと考えますか。

(構成協力/橋富政彦)

かやの・としひと
1970年、愛知県生まれ。03年、パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。哲学博士。津田塾大学教授。主な著書に『国家とはなにか』(以文社)、『カネと暴力の系譜学』(河出書房新社)、『権力の読みかた』(青土社)など。近著に『最新日本言論知図』(東京書籍)、『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』(NHK出版新書)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ