サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > ジャニーズは【セブン&アイ】型でLDHはイオン型!? 経営方針比較
第1特集
ジャニザイルのカネ回りはいかに!?【2】

ヤンキーパフォーマーを生産するHIROvs.王子様アイドルを生み出す職人ジャニー喜多川 徹底比較!

+お気に入りに追加

■芸能界のセブン&アイ!?
ジャニーズ事務所
創業:1962年
創業者兼代表取締役社長:喜多川擴(ジャニー喜多川)
売上高:600~700億円(本誌推定)
主力商品:嵐、SMAP、関ジャニ∞

1408_economics_03.jpg
(絵/河合 寛)

職人ジャニー喜多川の手ほどきで作られる王子様アイドル
ファンクラブを元にした徹底したマーケティングにより、CDデビューのタイミングを見計らう商品開発力は他社に比べて群を抜く。その品質に妥協を許さないジャニー喜多川の姿勢は、セブン&アイを押し上げた鈴木敏文会長と重なる。また、ジャニー喜多川は31年生まれの82歳と、81歳の鈴木会長同様に後継者問題に頭を抱えている。ファンクラブを元にした徹底したマーケティングにより、CDデビューのタイミングを見計らう商品開発力は他社に比べて群を抜く。その品質に妥協を許さないジャニー喜多川の姿勢は、セブン&アイを押し上げた鈴木敏文会長と重なる。また、ジャニー喜多川は31年生まれの82歳と、81歳の鈴木会長同様に後継者問題に頭を抱えている。

【ジャニーズ商法のポイントはここだ!】
■ジャニー喜多川の個人的なオーディションとレッスン(合宿所システム)で才能を発掘
■テレビ(バラエティ・ドラマ)露出を盛んにし、ファンのクチコミ効果を狙う
■ファンクラブ(ジャニーズファミリークラブ)などでファンの反応をリサーチ
■「CDデビュー初登場1位!」を獲得できるファンの数が集まればCDデビュー
■コンサートのグッズは関連会社で

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号