サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  >  写真時評~モンタージュ 現在×過去~【28】
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

ヒロシマ観光記念

+お気に入りに追加

1408_PH_01.jpg
『原爆の廣島』「原爆の廣島」のパッケージ。

「原爆の廣島(Memorial Sceneries of A-Bombed Hiroshima)」と書かれた袋入りの絵はがきが手元にある。絵はがきには、広島市内のいわゆる「原爆遺跡」――原爆ドーム、熱線を受けた屋根瓦、廃墟と化した本通商店街、石段やガスタンクに焼き付けられた影、爆風でずれた元安橋の石灯籠など――の写真が日英バイリンガルのキャプション付きで印刷されている。

 裏にはABCC(原爆傷害調査委員会)や縮景園、平和大橋を型取ったスタンプと年代が押されており、1953年以前のものだとわかる。発行は「日本交通公社廣島案内所」とあるから、おそらく占領軍や観光客向けに売られていた広島土産なのだろう。それにしても、8月6日当日のキノコ雲や炎上する市街の様子までもが絵はがきの素材とされていることには、いささか戸惑いを覚えてしまう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ