サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > 【大谷ノブ彦】ポップスは革新的であり、普遍性を帯びたもの
第1特集
歴代ジャニーズの名作をディグる【3】

【大谷ノブ彦】大野智のボーカルは、まるでジャスティン・ティンバーレイクのようだ!

+お気に入りに追加
1408_dj_03.jpg
(絵/小笠原徹)

1408_dj_08.jpg

大谷ノブ彦
(おおたに・のぶひこ)1972年、大分県生まれ。お笑いコンビ「ダイノジ」のメンバー。著書『ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!』(シンコーミュージック)が発売中。


1408_dj_09.jpg

 僕がジャニーズのアーティストで、もっとも讃えるシンガーが3人いまして、それが堂本剛さん、渋谷すばるさん、そして大野智さん。「FUNKY」【1】は大野さんのボーカルが実にソウルフルで、フェイク(アドリブ)も素晴らしい。ダフト・パンクが台頭したことでブームを巻き起こしたディスコミュージックを、ジャニーズはどう料理するか? をど真ん中で堂々と表現した曲です。ディスコの要素がわかりやすく、かつ丁寧に現れていて、ジャニーズ音楽制作陣のアンテナの高さが証明された一曲ですね。

 近年、ロックバンドの人気曲は、お客さんの盛り上がりから、フェスで決まることが多いんですが、ダイブやモッシュは危険と見なされて禁止されているんです。となると、アーティストは観客がノリやすい4つ打ちの楽曲を極めていくんです。そういった曲であれば、ダイブなどをせずに、その場で跳ねて踊ることができますから。僕はそういったタテノリの4つ打ちロックンロールで踊ることを"雨乞いダンス"呼んでいるんですが、そこにあてがってきたのが嵐の「Troublemaker」【2】で、かなりスタイリッシュに決めてきました。大野さんのボーカルは、まるでジャスティン・ティンバーレイクのようですよ。

 SMAPの楽曲から選ぶと、作詞がいしわたり淳治さん、作曲がMIYAVIさんで、創意工夫しながら新しい風を吹き込んできたな、と思わされた曲が「Top Of The World」【3】です。SMAPはアルバムで常に最先端のクリエイターを招いて曲を制作していますが、そういった“挑戦”が似合うグループなんですよね。ポップスは「大衆性を狙うこと」だけと間違った解釈をしている人がいますが、本当のポップスは、革新的でありながら普遍性を帯びたものなんですよ。SMAPは常に100万人単位の聴衆に対してポップスと向き合ってきたわけですが、それってえらいプレッシャーなはずで、それを毎度こなしてきているのは、すごいとしか言いようがありません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』