サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > 【大谷ノブ彦】ポップスは革新的であり、普遍性を帯びたもの
第1特集
歴代ジャニーズの名作をディグる【3】

【大谷ノブ彦】大野智のボーカルは、まるでジャスティン・ティンバーレイクのようだ!

+お気に入りに追加
1408_dj_03.jpg
(絵/小笠原徹)

1408_dj_08.jpg

大谷ノブ彦
(おおたに・のぶひこ)1972年、大分県生まれ。お笑いコンビ「ダイノジ」のメンバー。著書『ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!』(シンコーミュージック)が発売中。


1408_dj_09.jpg

 僕がジャニーズのアーティストで、もっとも讃えるシンガーが3人いまして、それが堂本剛さん、渋谷すばるさん、そして大野智さん。「FUNKY」【1】は大野さんのボーカルが実にソウルフルで、フェイク(アドリブ)も素晴らしい。ダフト・パンクが台頭したことでブームを巻き起こしたディスコミュージックを、ジャニーズはどう料理するか? をど真ん中で堂々と表現した曲です。ディスコの要素がわかりやすく、かつ丁寧に現れていて、ジャニーズ音楽制作陣のアンテナの高さが証明された一曲ですね。

 近年、ロックバンドの人気曲は、お客さんの盛り上がりから、フェスで決まることが多いんですが、ダイブやモッシュは危険と見なされて禁止されているんです。となると、アーティストは観客がノリやすい4つ打ちの楽曲を極めていくんです。そういった曲であれば、ダイブなどをせずに、その場で跳ねて踊ることができますから。僕はそういったタテノリの4つ打ちロックンロールで踊ることを"雨乞いダンス"呼んでいるんですが、そこにあてがってきたのが嵐の「Troublemaker」【2】で、かなりスタイリッシュに決めてきました。大野さんのボーカルは、まるでジャスティン・ティンバーレイクのようですよ。

 SMAPの楽曲から選ぶと、作詞がいしわたり淳治さん、作曲がMIYAVIさんで、創意工夫しながら新しい風を吹き込んできたな、と思わされた曲が「Top Of The World」【3】です。SMAPはアルバムで常に最先端のクリエイターを招いて曲を制作していますが、そういった“挑戦”が似合うグループなんですよね。ポップスは「大衆性を狙うこと」だけと間違った解釈をしている人がいますが、本当のポップスは、革新的でありながら普遍性を帯びたものなんですよ。SMAPは常に100万人単位の聴衆に対してポップスと向き合ってきたわけですが、それってえらいプレッシャーなはずで、それを毎度こなしてきているのは、すごいとしか言いようがありません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』