サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 時代の覇者となるのはどの【ストリーミングサービス】か
第1特集
ストリーミングサービスは音楽不況の救世主か死神か……【2】

ストリーミングサービス戦国時代を代表する主要企業の中で覇者となるのはどのメディアか!?

+お気に入りに追加

――競合が出揃いつつあるストリーミングサービス提供企業。使い勝手の良い企業はいったいどこ!?

【海外】
■beats MUSIC
www.beatsmusic.com
ドクター・ドレーが開発したヘッドホン「Beats by Dr. Dre」を運営するBeats Electronicsによる定額制サービス。操作性、デザイン性、レコメンデーション機能など、とにかく優秀だが、日本未上陸。

■Google play Music All Access
https://play.google.com/store/music
その名の通りグーグルによるストリーミングサービス。わずか半年で、20カ国以上でサービスを開始し、機能も次々に追加。アップルとグーグルによる参入で仁義なきストリーミング戦争へ。

■GrooveShark
http://grooveshark.com
契約違反となるコンテンツのアップロード、ライセンス料の未払いなど、たびたび音楽レーベルとの訴訟問題ばかりが話題となる、「ストリーミング=違法」のイメージをつけた元凶サイト。

■iTunes Radio
www.apple.com/itunes/itunes-radio
昨年にアメリカでサービスがスタートしたインターネットラジオ。ポピュラーなブランドであるアップルだけに、現在はシェアも大きく拡大。近々、日本でのサービスも開始されると噂されているが、いかがなものか。

■Pandora
www.pandora.com
アメリカでもっとも人気が高いインターネットラジオで、会員数は2億人以上。しかし、多額なロイヤリティを毎年レーベルに支払うことで赤字経営が続いており、先行きが不安。日本ではまだ使用できない。

■SoundCloud
https://soundcloud.com
コアな音楽ファン向けの音楽共有サービス。世界中のトップアーティストがアカウントを持っており、最新楽曲やリミックス、DJミックスから未発表音源まで楽しむことができる。

■Spotify
www.spotify.com
いよいよ日本に上陸する黒船的存在。優れた機能・ユーザーインターフェイス・価格と三拍子揃っており、世界中にサービスを拡大中。ビッグアーティストからの批判も、もはや有名税。

■YouTube
www.youtube.com
無料動画ストリーミングサイトの最大手。何かを観たい・聴きたいとなったら、誰もがここにアクセスする。昨年には音楽に特化した定額制サービス「Music Pass」のスタートが報じられたが、いかに。

【国内】
■KKBOX
www.kkbox.ank
アジア最大のサービスであり、LISMO unlimitedから改名して現在の名称に。KDDIの子会社となるKKBOX JAPANが運営を担当。日本向けの収録楽曲や機能は吉と出るか。月額980円。

■Music Unlimited
www.sony.jp/music-unlimited
SENによる定額制聴き放題サービス。楽曲数は2000万曲以上、洋邦問わず豊富で高音質だが、ウェブ/PC共にインターフェイスがやや古くさく、若年層にはいまいち響きにくい。月額980円。

■スマホでUSEN
http://smart.usen.com
業務用BGMの老舗であるUSENも聴き放題サービスに参戦。ストリーミングというよりはインターネットラジオのシステムだが、現在までに700チャンネルが用意されている。月額490円。

■UULA
http://uula.jp
エイベックスグループとソフトバンクが共同展開するエンタメ総合サービス。音楽に限らず、映画、アニメ、ドラマも見放題を実現! を謳うも、音楽・映画共にコンテンツが致命的に少ない。月額490円。

音楽業界関係者30人に聞いたホンネ
「ストリーミングサービスは日本じゃ流行らない!」

1405_music_04.jpg
Q.日本でストリーミングサービスは流行る?

「Spotifyは今年上旬からサービスの“始まる始まる詐欺”が続いている。もしかしてそれがキャンペーンなのか? とも思えるくらいだが、実質、サービスと同時に大々的なキャンペーンが開催されるとは聞いていない。どこに向けたサービスなのか、聴き手側にはサービスの内容が届きにくい印象」(メジャーレーベル勤務・男性)

「ストリーミングサービスは成功してほしいが、それが仮に主流となったら、いよいよメジャーのレコード会社は存続の危機。デジタルに明るくない世代はどんどん切られ、ヘタしたらワンフロア分のスタッフがいなくなる可能性もある」(アーティストマネジメント勤務・男性)

「iTunesが一大ムーブメントとなった背景には、“iTunesで同期した曲をiPodで聴く”というスタイリッシュな宣伝効果がもたらされたから。国内でもKKBOXなどのストリーミングサービス提供各社が、巨大ビルボードなどで大々的なプロモーションを展開しているが、どの層に響いているかまったくつかめない」(メジャーレーベル勤務・女性)

「通学・通勤風景を見れば、イヤホンをして音楽を楽しんでいる人たちはたくさんいる。どんなふうにストリーミングサービスを提供するかによっては、根付く可能性も十分にある。自作のプレイリストを作るよりも、著名アーティストが公開するプレイリストでしか聴けない音源があるサービスの提供など、ヒントは必ずあると思う」(インディペンデントレーベル勤務・男性)

「ストリーミングサービスが安価となった理由は、音楽に対して正当な対価を支払う、という世代を育ててこなかった我々レコード会社の責任」(メジャーレーベル勤務・女性)

「業務の関係上、Music Unlimitedに登録したが、ここまでヒドいインターフェイスだとは思わなかった。これではストリーミングサービス自体、未来的なサービスと認知されるはずがない」(アーティストマネジメント勤務・女性)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ