サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 良くも悪くも注目すべき【ファッション系ウェブメディア】カタログ
第1特集
ファッション系メディアの勝者と敗者【2】

パクりサイトから三越伊勢丹が母体の媒体も…良くも悪くも今注目すべきサイトファッション系メディア

+お気に入りに追加

――「honeyee.com」のようなウェブマガジンだけでなく、ひたすら情報を配信するニュースサイトも。ビジネス的に順調なものばかりではないけれど、ここではそれらのコンテンツをざっと紹介しよう。

1405_fashion_02.jpg

高城剛の発言はここから引用!
【1】「honeyee.com」
運営:ハニカム
URL:http://www.honeyee.com/

月間PV数1600万を誇るウェブマガジン。05年、藤原ヒロシ氏らが発起してスタート。13年10月、EC総合商社アラタナが買収。インテリアデザイナーの片山正道氏ら、日本を代表するクリエイターによるブログに強みがある。そのうちの1人である高城剛氏のブログの発言は週刊誌にしばしば取り上げられた。今、旬なヒト・コト・モノを分析した特集記事も人気である。


1405_fashion_03.jpg

女子版はすぐに終了してしまったが……
【2】「HOUYHNHNM」
運営:ライノ
URL:http://www.houyhnhnm.jp/

04年に創刊。商魂たくましい営業スタイルで、記事広告を量産。11年末まで7年間にわたり、ヤフーファッションとコンビを組んで雑誌スタイルの記事コンテンツを掲載し、認知度を上げた。ブランドスタッフによるブログは、服飾系専門学生あたりに人気か。11年にガーリーなモードスタイルを提案する「GIRL.Houyhnhnm」も立ち上がったが、そちらは約1年で終了してしまった。


1405_fashion_04.jpg

3000万円超の時計も紹介!
【3】「OPENERS」
運営:七洋
URL:http://openers.jp/

06年に創刊したウェブマガジン。写真や文章のクオリティは決して低くはないものの、タイアップ感丸出しの記事が目立ち、全体的に広告代理店臭が強い。1本3000万円を超えるラグジュアリーすぎる時計を紹介したりするけれど、実際に買う読者はどれほどいるのか……。とにかくアッパー層に向けた記事が多く、ファッションを純粋に愛する若者層がターゲットでないのは確か。


1405_fashion_05.jpg

全国各地のイベントをフォロー
【4】「Fashionsnap.com」
運営:レコオーランド
URL:http://www.fashionsnap.com/

05年設立。ファッション関連の情報を、とにかく多く、とにかく速く配信するニュースサイト。セミプロの記者を多く抱え、全国各地のファッション・イベントやコレクションなどの情報をくまなくフォロー。また、ストリートスナップはほぼ毎日更新され、原宿村の奇抜なボーイズ&ガールズが登場する。彼らにとっては、本メディアに掲載されることが一種のステータスになっている模様。



1405_fashion_06.jpg

女性モデルのブログをほぼ網羅
【5】「modelpress」
運営:ネットネイティブ
URL:http://mdpr.jp/

毎日見れば女子力がUPすると謳うガールズ系ニュースサイト。10代の女の子から支持を集めているという。ダイエット記事やセレブゴシップなど、ファッション以外のニュースも多数配信している。また、ギャル誌、モテ誌、セレブカジュアル誌、ビューティ誌などで活躍する女性モデルのブログをほぼ網羅しているので、男性は定期的にフォローすればキャバ嬢との会話が弾むかも?


1405_fashion_07.jpg

母体である三越伊勢丹の影響大
【6】「FASHION HEADLINE」
運営:ファッションヘッドライン
URL:http://www.fashion-headline.com/

12年12月に設立されたファッション系ニュースメディアの後発組。三越伊勢丹を母体に産声を上げた媒体である。そのネットワークを駆使しているからか、「知ってうれしい?」なデパート情報が数多く掲載されているなど、ビジネスの香りが随所からプンプン漂っているものの、情報の感度そのものは決して低くない印象である。ターゲットは小金を持っているアラサー女子と思われる。


ファッション誌・出版社が運営するウェブメディア6選!

上記ではウェブをメインとしたメディアを取り上げたが、ここではファッション誌のウェブ版や出版社が運営するファッション系メディアの中で目立ったものをピックアップしてみた。

1405_fashion_08.jpg

海外セレブのゴシップ情報も充実
【1】「VOGUE JAPAN」
運営:コンデナスト・ジャパン
URL:http://www.vogue.co.jp/

月間PV数が1100万を超えるファッション/ライフスタイル系メディア。「VOGUE」が発行されている世界18カ国の情報ネットワークを駆使し、月刊誌ではできない旬なファッションニュースを毎日配信している。海外セレブのゴシップ情報も強い。一方で、充実しすぎたコンテンツゆえ、サイトマップが整理しきれてない印象もあり。全方位的にオシャレ情報を浴びたい女性向けか。


1405_fashion_09.jpg

eコマースも展開するモード系
【2】「ELLE ONLINE」
運営:ハースト婦人画報社
URL:http://www.elle.co.jp/

月間PV数1700万を誇る、日本最大のファッション系ウェブメディア。取り上げるアイテムのセレクト力や見せ方に定評があり、紙媒体の「ELLE」「ELLE à table」「ELLE DECOR」とも連動したコンテンツである。各界で活躍するクリエイターのホットなトピックスも人気を集めている様子。09年に住友商事が出資して始まったeコマース「ELLE SHOP」も好調のようである。


1405_fashion_10.jpg

詰め込みすぎで見づらい!
【3】「HAPPY PLUS」
運営:集英社
URL:http://hpplus.jp/

「大人女子のライフスタイルにハッピーをプラスする」と謳う集英社の情報サイト。ファッションのほか、スポーツ、アウトドア、アート、旅、占いなど、コンテンツを詰め込みすぎで、何を伝えたいのかボケた印象も否めないし、とにもかくにも見づらい。ユーザー参加型のポータルアートサイトといった野心的な企画もあるけれど、まずはサイト設計の見直しからはじめてみてはどうでしょう。


1405_fashion_11.jpg

「modelpress」をパクった!?
【4】「Woman Insight」
運営:小学館
URL:http://www.womaninsight.jp/

小学館のファッション誌9誌による総合ニュースサイト。記事のコンテンツは各誌の見どころをピックアップしたものであるが、業界内では「『modelpress』と構成が似すぎているのではないか?」という声もちらほら。13年秋にオープンしたばかりのため、広告商品はまだまだ少ない印象。今後、どこまでPV数を伸ばせるかがカギになるのだろうが、そのためには大きなテコ入れが必要?


1405_fashion_12.jpg

Instagramを積極的に導入
【5】「NYLON.JP」
運営:カエルム
URL:http://www.nylon.jp/

ニューヨーク生まれのファッションマガジン「NYLON」のウェブ版。サイト自体はシンプルな設計であるが、フェイスブックのフォロワーが14万人もおり、ちょっとトンガった女子から支持を集めている。Instagramを導入した読者参加型コンテンツも。ただ、SNSの展開自体がカネを生んではいないし、独自のカラー全開でこの手のファッションに興味がない人にはツラいかも。


1405_fashion_13.jpg

60人以上のブロガーを揃える
【6】「EYESCREAM.JP」
運営:CRESCE、スペースシャワーネットワーク
URL:http://www.eyescream.jp/

エッジの効いたストリート系ボーイズから支持を集めている雑誌のウェブ版。小さいメディアによるこぢんまりしたサイトであるため、コンテンツにはやや物足りなさを感じてしまうものの、最大の見どころは東京で活躍するクリエイターたちを中心としたブログではないだろうか。「honeyee.com」よりも多い60人以上のブロガーをラインナップしている。ただ、それぞれの更新頻度は低い……。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ