サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > コーランをBGMに使い発禁!封印された【禁】ゲーム
第1特集
封印された【禁】ゲーム【1】

コーエーの黒歴史『団地妻の誘惑』ヤバすぎて封印された発禁ゲーム

+お気に入りに追加

――PCゲーム黎明期からファミコン創成期、そして現在に至るまで、ゲームの裏面史において数々の作品が陽の目を見ることなく発禁となったきた。さらにここ数年は、各国で製作されたゲームのローカライズが常識となっているが、お国の事情で持ち込み厳禁となるケースもしばしばだ。それらのやばすぎるゲームはなぜ、どのように生まれるのか?

1404_hakkin_12.jpg
吉田氏が監修した書籍にも発禁ネタ多数。画像はマイクロマガジン社から刊行された完全版。

 家庭用ゲーム機が爆発的に普及した80年代以降、ゲーム業界では、マリオやソニックといったキャラクターが世界中の子どもたちから愛されるようになった一方、暴力的すぎるぶっ飛んだ描写や世界観のせいで物議を醸した、やりすぎソフトも続々とローンチ。どこかで凶悪な事件が起こるたびに、動機との関連性を疑われるなど、何かと目の敵にされるようにもなってきた。

 そこでここからは、そうした社会的背景のもと、何らかの事情で発売や開発の中止を余儀なくされた、いわゆる“発禁ゲーム”の系譜をフィーチャリング。古今東西のゲーム事情に精通するライター、ジャンクハンター吉田氏に具体的な事例を解説してもらいつつ、現行のレーティング規制が抱える問題などにも言及していきたい。

 では、まず“発禁ゲーム”はいかにして生み落とされたのか。ゲーム創成期の80年代から見ていこう。

「日本では、市場を開拓してマーケットの下地を作ったのが任天堂だから“ゲーム=子どもの遊び”という価値観が浸透してるけど、海外、特にアメリカなんかは、大人の娯楽としても十分認められてきた。だから、画面がまだいかにもゲームっぽいドット絵だった頃から、過激すぎて問題になるタイトルってのはままあったんだ」

 任天堂の海外進出以前、アメリカのゲーム市場は“Atari 2600”などで知られるアタリ社の牙城。ファミリー向けに徹した任天堂のような哲学のなかった当時のアタリ社製ハードからは、いわく満載のソフトも数多くリリースされたという。

「代表的なところだと、ウィザードビデオゲームスっていうメーカーが83年に出した『悪魔のいけにえ』。プレイヤーがレザーフェイス(原作映画に出てくる殺人鬼)になって若者を殺していくっていうムチャな設定を売りにしてたんだけど、これにターゲットとかレディオシャックあたりのアメリカの大手チェーンストアからクレームが殺到。結局、発売中止になっている。当時は血のりも全然リアルじゃないし、人の首が飛ぶっていっても笑えるレベルの表現なんだけど、ちょうどこのぐらいの時期から、ゲームソフトそのものが倫理的に問題視されることが多くなっていった気がするね。

 ちなみに、この『悪魔の~』には実はプロトタイプがあって、当初は2人同時プレイで、人間側とレザーフェイス側に分かれて戦う、言わば鬼ごっこみたいな仕様だったの。それがフタを開けてみたら、人間をひたすら殺しまくるゲームだったとなれば『話が違う』ってことになるのは当然っちゃ当然だよね(笑)」

 その後、件のウィザード社はこれまた問題だらけな名作ホラー映画のゲーム版『ハロウィン』を最後にあえなく終焉を迎えるも、やりすぎソフト濫造の動きは90年代に入ってますます加速。シュワちゃんがなぜか民間人を殺すことができる映画原作もの『トゥルー・ライズ』(95年)や、本国アメリカを含む13カ国で発禁となった『ポスタル』(97年)シリーズ。発禁スレスレの過激な描写で、いまやバイオレンスゲームの代名詞ともなっている『グランド・セフト・オート』(97年)シリーズといった人気タイトルが、その悪名を世界中に轟かせることになっていく。

1404_hakkin_13.jpg
一時的にでもアップルの審査を通ったことが驚愕の『スーパーストリーカー PRO』。

「90年代の初めぐらいまでは、ゴアシーン(=残酷描写)のあるゲームも、任天堂のハード以外ではわりと日本にも入ってきていて、メガドライブの『ソード・オブ・ソダン』(91年)とかでは、首を飛ばしたりってシーンも普通にあったんだ。

 けど、ハード自体の処理能力が格段に上がったプレイステーションの登場で、そういう部分にもデリケートにならざるを得なくなってきた。実際、98年に出た『バイオハザード2』なんかだと、主人公が噛み殺されていくシーンで終わる海外版のゲームオーバー画面が、国内版ではグロすぎるってことで全カットになっているし、その後のシリーズも、CEROができて以降は、よりマイルドな描写に差しかえられている。

 この手のタイトルは、表現規制の厳しいドイツやオーストラリアで事前にマイルドにされたバージョンをもとに国内版を作ることも多いから、それしか知らない人がアメリカ版をプレイしたら、まるで別物ってぐらいゴアシーンが満載なことにたぶんビックリすると思うよ。次世代機のXbox Oneと一緒に出ると言われている『デッドライジング3』にしても、現行のままだと登場人物が自分で首をかっ切って、その切断面がモロ見えになったりするシーンもあるから、国内版ではかなりの規制が入るだろうしね」

 なお、吉田氏の言うCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)とは、独自の倫理規定をもとに、家庭用ゲームソフトの審査を一手に引き受けている特定NPO法人。このCEROが設立された02年以降、日本で家庭用として発売されるタイトルはすべて、CEROによる審査・承認が必須条件になっているというのが実情だ。

「CEROの何がいちばんよくないって、彼らはESRB(CEROのモデルになっているアメリカの審査機関。設立は94年)と違って、ゲームを実際にプレイしないで審査してるってこと。公募で選ばれた、たった3人の一般審査員がメーカー側に作らせたデモ映像で判断してるだけから、世界観やストーリーとして整合性があるかないかはいっさい無視してくるんだよ。

 だから、世界的にヒットしたSFアクション『デッド・スペース』(08年)とかは、エイリアンに寄生された人間を倒すために不可欠な作業である四肢切断の描写にNGが出て、日本国内ではいまだに未発売だし、これまた世界的に人気の戦争アクション『コール オブ デューティ』シリーズの1本『ワールド アット ウォー』(08年)も、敵として出てくる日本兵が『天皇陛下万歳!』って叫びながら襲ってくるシーンが問題視されて、国内版のリリースは見送られている。核戦争後の終末世界を舞台にしたRPG『フォールアウト3』(08年)にしたって、物語の核心部分である“核”が日本ではナーバスなテーマだからって、関連するシーンが全カットになってるしね」

刑法177条(強姦罪)がタイトルの問題作

1404_hakkin_14.jpg
自ら「禁断のゲーム177」と謳う挑戦的な『177』の説明文。おっぱい丸見えは、この際だとかわいいもの!?

 一方、過激な描写以外の部分が問題となって、陽の目を見ないというケースも少なくない。Xbox用ソフトとして03年に発売された日本の格闘ゲーム『格闘超人』が、コーランをアレンジしたBGMを使用していたとして、回収・発禁になった騒動は、ご記憶の方も多いだろう。

「描写以外で多いのは、やっぱり版権問題。07年に全米で発売予定だった『ダーティハリー』は、クリント・イーストウッドやジーン・ハックマンらのボイスアクトも録り終えていたのに、あまりにも作り込みすぎちゃって、顔が鮮明になり肖像権でNG。そのまま開発中止になっているし、09年の『タクシードライバー』もそう。

 まぁ、『タクシー~』に関しては映画が原作と言いつつ、やろうとしていたのは、自分がトラビスになってNYの街を流しながら、売春宿とかを襲撃&みな殺しにするっていう、完全なる『グランド・セフト・オート』のパクリだったから、中止になるのもしょうがないって感じではあるけどね。マーティン・スコセッシが映画に込めた思想とも違ってくるし」

 ユーザー目線からすると、ロバート・デ・ニーロになりきって悪を成敗するなどというギミックは、たまらなく魅力的な気がしなくもない。だが、そこは権利にうるさいアメリカとあって、案外シビア。世界的に見てもユルユルな残酷描写への規制とは対照的だ。

「アメリカはもともと銃社会だから、お国柄としてFPS(一人称視点のシューティング)ゲームにはやたらと寛容なんだけど、権利関係とか未成年のエロには異常に厳しい。04年に発売された『ザ ガイゲーム』っていう、クイズをしながら、実写の女の子を脱がせていくっていうおバカなタイトルも、出演した女の子のひとりが実は17歳だったってことがあとからわかって、あっさり発禁になっているからね」

 では、日本ではどうなのか。上記の囲みで紹介している異色作『コンカーズ・バッド・ファーデイ』(01年)や、企業買収にからんだ大人の事情で発売されなかった『レゴ インディー・ジョーンズ』(08年)。生みの親たるさくまあきら氏とハドソンを買収したコナミとのイザコザが表面化した『桃太郎電鉄2012』などなど、当事者同士のトラブルがもとで発売されなかったタイトルもチラホラあるようだが……。

「最近だと、やっぱり東日本大震災の影響は大きかった。たとえば『モーターストーム3』っていうレースゲームは、古谷徹さんのナレーションが入ったPVまで作られて、あとは発売を待つだけという状態だったのに、震災を想起させるステージがあるってことでお蔵入りになったし、同じ理由で『絶体絶命都市4』も開発中止の憂き目に遭っている。

 しかも、『絶体絶命~』に関してはバッシングが怖かったのか、前3作の製造まで中止にするほどの念の入れよう。ゲームそのものは、地震で壊滅した街から脱出するまでを描いたすごくマジメな作りで、いざってときに役立つサバイバル知識もかなり身につく内容だったのに、ホントもったいない限りだよ。

 まぁ、01年の“9・11”テロのときはアメリカでも、かなりの数のタイトルが発売中止や延期になったし、日本でもビルを爆破していく、その名も『ビルバク』っていうパズルゲームの発売が一時、無期延期になったりはしたけどね」

 ちなみに、もともと18禁というジャンルが確立しているアダルトPCゲームでは、86年の『177』が話題となったぐらいで、意外にも発禁ゲームはほとんどない。……が、そこにはメーカー側がその存在をひた隠す別の事情もあるようだ。

「初めてヒットしたエロゲーと言ってもいい、83年の『団地妻の誘惑』や翌年の『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』は、メーカーの光栄マイコンシステム(現:コーエーテクモゲームス)が、直後に『信長の野望』で大ブレイクしたこともあって、当のコーエー側は、イメージを気にしてか、完全に封印しちゃってる。それと似たパターンでは、エニックス(現:スクウェア・エニックス)が85年に出した『TOKYOナンパストリート』も当然ながら黒歴史。女の子を口説いて、デートして、エッチにまで持っていくっていうシンプルな内容で、アドベンチャーゲームとしての評価はかなり高かったんだけどね」

 ここまで駆け足で見てきたが、どういった事情で“発禁”になるにせよ、そこにはユーザーである僕らが納得のできる規制理由の開示が欲しいもの。吉田氏が「作り手に選択肢がなければ、言いなりにならざるを得ない」と指摘するなど、現行のシステムにも、そもそも問題は山積みなだけに、「審査基準は公表しない」とする、CEROという特殊な組織の公平性、透明性も今後は問われることになりそうだ。

(文/鈴木長月)

ジャンクハンター吉田(じゃんくはんたー・よしだ)
1970年、東京生まれ。映画プロモーター、ゲーム・映画コラムニスト。ジャーナリスト、フリーエディターとしても活動する。(有)クルーズ前代表取締役。映画・ゲームの造詣が深く、かつてはテレビ東京の任天堂スポンサー枠のゲーム番祖にて「ドンキー吉田」として登場すると同時に、公開番組の前説やイベントの司会などを務めた過去も。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ