サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ヤクザ専門誌・実話誌】の傾向

――こちらの記事では、現存するヤクザ専門誌や実話誌の歴史と編集者・記者の悲喜こもごもに迫ってきたが、実際彼らが作る誌面というのはどういった傾向があるのだろうか?「特徴はない!」と関係者が口をそろえる中、5誌のヤクザ記事の特徴に迫ってみた。

1402_gang_2.jpg

●王道の記事作り!
「実話時代」

(メディアボーイ/86年創刊/490円)
創刊27年を越える老舗専門誌。九州の工藤会や大阪の東組など、太いパイプでつながっている組織の特集がウリ。表紙からカラーページ、巻頭特集までブチ抜きで1つの組織を特集することも多く、その際に掲載される各団体の幹部の顔写真や肩書を「資料」としてストックするヤクザ記者や捜査員からの信頼は絶大。現役のヤクザ幹部が実名でインタビューに答えたり、連載を担当するなど、王道の誌面作りに定評がある。


1402_gang_3.jpg

●アウトロー総合誌
「実話ドキュメント」

(マイウェイ出版/83年創刊/490円)
通巻418号を突破しているヤクザ系実話誌の雄。昨年までは竹書房から出版されていたが、本文にある通り、銀行などからの圧力により、現在は版元が変わっている。「実話時代」のようなヤクザ本人への取材記事などはなく、週刊誌御三家の1カ月のまとめ的なつくりが特徴。右翼団体の紹介や、刺青の女体サンプルのカラーグラビアを展開するなど、“アウトロー総合誌”としての評価が高い。



1402_gang_4.jpg

●山口組の“選手名鑑”も発行
「週刊実話」

(日本ジャーナル出版/58年創刊/380円)
“実話誌”というジャンルの語源にもなった老舗週刊誌。毎週4ページ以上の固定記事があり、他の週刊2誌に比べて最もヤクザ記事に力を入れている。山口組が記者会見を行っていた三代目時代には、「実話の記者が遅刻すると、組側が会見を遅らせた」(当時の夕刊紙記者)という伝説も。約2年に一度、別冊で山口組の“選手名鑑”的なムックを発行しているだけに、写真のクオリティーはピカイチ。


1402_gang_5.jpg

●ネタを盛り込む情報通
「週刊大衆」

(双葉社/58年創刊/380円)
御三家の中では最多の実売部数を誇るが、ヤクザ記事は最も後ろの3ページが基本。専属記者の幅広いネットワークを生かした読み応えのある記事に定評があり、少ないページ数でもいくつものネタを詰め、お買い得感が強い。数年に一度のペースで、山口組の動向をまとめた単行本も発行している。先代の専属記者が逝去した際には、山口組の渡辺五代目がお忍びで墓参したという逸話が語り継がれている。


1402_gang_6.jpg

●硬派路線で裏社会に迫る
「アサヒ芸能」

(徳間書店/56年創刊/390円)
かつては山口組三代目の田岡一雄組長の自伝を連載し、映画化もされるなどズブズブの誌面構成だったが、近年は週刊3誌の中で最も硬派な路線で、気を使いながらもチクリとヤクザ社会を批判する気骨を持ち合わせている。取材もヤクザ側だけに頼らず、捜査関係者や専門家の見解を重視。歴史考察の短期集中連載や、社会問題をヤクザの親分に語らせる企画などもあり、他誌とは一線を画している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ