サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ヤクザ専門誌・実話誌】の傾向

――こちらの記事では、現存するヤクザ専門誌や実話誌の歴史と編集者・記者の悲喜こもごもに迫ってきたが、実際彼らが作る誌面というのはどういった傾向があるのだろうか?「特徴はない!」と関係者が口をそろえる中、5誌のヤクザ記事の特徴に迫ってみた。

1402_gang_2.jpg

●王道の記事作り!
「実話時代」

(メディアボーイ/86年創刊/490円)
創刊27年を越える老舗専門誌。九州の工藤会や大阪の東組など、太いパイプでつながっている組織の特集がウリ。表紙からカラーページ、巻頭特集までブチ抜きで1つの組織を特集することも多く、その際に掲載される各団体の幹部の顔写真や肩書を「資料」としてストックするヤクザ記者や捜査員からの信頼は絶大。現役のヤクザ幹部が実名でインタビューに答えたり、連載を担当するなど、王道の誌面作りに定評がある。


1402_gang_3.jpg

●アウトロー総合誌
「実話ドキュメント」

(マイウェイ出版/83年創刊/490円)
通巻418号を突破しているヤクザ系実話誌の雄。昨年までは竹書房から出版されていたが、本文にある通り、銀行などからの圧力により、現在は版元が変わっている。「実話時代」のようなヤクザ本人への取材記事などはなく、週刊誌御三家の1カ月のまとめ的なつくりが特徴。右翼団体の紹介や、刺青の女体サンプルのカラーグラビアを展開するなど、“アウトロー総合誌”としての評価が高い。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』