サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【『はだしのゲン』】はなぜ学校にあるのか?

――『はだしのゲン』などの、現在では一部ネトウヨから「偏向マンガ」などと批判されることも多い"平和マンガ"、あるいは学研や小学館などの児童書系出版社が発行する歴史ものや「○○のひみつ」といったお勉強系マンガは、どのように選ばれ、学校の図書館に納入されていったのか? その歴史に迫る!

1312_library_01.jpg
(写真/諏訪 稔)

 子どもの頃に読んだマンガといえば読者によってさまざまだろうが、学校の図書室や学級文庫に置いてあった歴史マンガ【1】伝記マンガ【2】『ひみつシリーズ』【3】、そして、『はだしのゲン』【4】(以下、『ゲン』)をはじめとする原爆や戦争をテーマにした中沢啓治作品も、30~40代の読者にとっては記憶に残っているのではなかろうか? 「『ゲン』があるなら、ほかの少年マンガ、少女マンガが図書室にあってもいいのに。なんで『ゲン』だけはいいの?」なんて思ったこともあるのでは?

 そもそも学校図書館(法律上の呼称は、「図書室」ではなく「学校図書館」)に入る図書の選定・納入はどのように行われているのか? 学校図書館に関する著書を多数発表している関西大学初等部の司書教諭、塩谷京子氏は次のように解説する。

「1997年に学校図書館法の改正があり、03年4月1日以降、12学級以上の学校には司書教諭の配置が義務づけられました。単に本を借りたい児童が利用する場としてだけでなく、児童の読書活動の場である"読書センター"として、また"学習・情報センター"としての機能を持たせて、授業の中でも積極的に学校図書館を利用していこうという方針に変わっています」

 なるほど、かつて小学校の図書室といえば、小説や物語の好きな子が休み時間や放課後に足を運ぶ、どちらかといえばひっそりした場所であった。現在は学校によっては週に1コマ、クラス全員で図書室に行く「図書の時間」を設けたり、授業前の時間の一部を読書の時間に充てたり、学習内容によっては図鑑を調べたりすることもあるという。

「学校図書館に納入する図書の選択は、それぞれの学校に委ねられています。公立の場合は市区町村から入る予算が少なく、あれもこれもと購入できる状況でないのは事実です。今の国語の教科書には単元の終わりに図書の紹介ページがあるので、そこに掲載されている本を中心に選ぶことが多いですね。また、学校によって毎年度『教育目標』を設定していますから、それに合わせて『今年はこういう本を選びましょう』と司書教諭と図書館部の先生方が話し合って決めています。購入先は地元の書店です。書店さんが新刊本を集めて営業に来てくれる場合や、取次業者が展示会を催す場合もあります。いずれにしても選択肢はそう多くはありません。子どもに合った語彙で書かれていて、耐久性があるハードカバーで図書館用に製本されている本は、それほどたくさんは出版されていません」(塩谷氏)

 また、予算の関係上、専任の司書を各学校に置いている市区町村は少なく、非常勤で何校も掛け持ちしている場合も多い。さらに書架整理や貸し出しなどについては、地域から図書ボランティアを募っている場合もある。

 児童文学評論家で小中学校の図書館改善活動を行っている赤木かん子氏は、公立小の図書館づくりに割ける予算と時間の少なさを嘆く。

「年間予算は、公立小学校でだいたい30~40万円。多くて80~100万円というところもありますが、ひどいところは3~4万円というところもあります。先生は毎日の業務で非常に忙しいですから、図書主任に任命されても、じっくり本を選ぶ時間はありません。図書館専用のデータベースを作成しているTRC(図書館流通センター)や出版社団体が制作したカタログを見て、行き当たりばったりに選んでいることが多い」(赤木氏)

 九州のある小学校教諭も、次のように語る。

「うちの市では、毎年夏に教育委員会から図書購入費として80万円ほどの予算が出ます。図書主任の先生が取次会社の地元支店に行って注文。よほど本好きの先生でない限り、取次会社に薦められるままに選んでいますね」

 ちなみに、私立学校の場合は学校によって予算の差が大きく、ある有名中高一貫校は年間500万円もの予算があり、司書が3人も常勤しているという。一方で少子化の影響をもろに受けて財政難にあえいでいるような私立学校だと、公立よりも蔵書は貧弱、昔ながらの手書きカードで貸し出しを行っているというケースもあるのだとか。

"マンガだけど"子どもたちに読ませたい

さて、本題である。学校図書館の中で、マンガはどのような位置づけなのか?

 大きくいえばこれは、昔と大して変わっていない。「OK」とされているのは歴史マンガ、伝記マンガ、『ひみつシリーズ』などの学習マンガと『ゲン』くらいで、その他の一般エンタメマンガは「もってのほか」としている学校がほとんどのようだ。前出の小学校教諭も、「マンガの割合は図書全体の1割にも満たない」と語る。

『銀の匙』【5】は、文科省の役人が『入れたほうがいいよ』と言ったとかいう話もあって、農業高校の図書館を中心に入り始めているようですが、小学校に限っていえば、マンガはほとんど入っていませんね。認められているのは『ゲン』と手塚治虫作品くらいでしょうか。歴史や伝記マンガであっても、『できれば活字で読んでほしい』と考える先生は、特に年配になればなるほど多く、学習マンガを入れるのも大変です。それほどに、マンガアレルギーの強い先生が多いんです。でも、なぜマンガはダメなのか? なぜ手塚治虫ならいいのか? を明確に説明できる先生には会ったことがありません。昔から入って定着しているし、『みんながいいと言うから』いいとしているのでしょう。ただ、先ほども言ったように、本の選定は忙しい先生にとって大きな負担となるので、新任の若い先生に任せてしまうケースも多く、マンガに抵抗がない世代の先生も、徐々にではありますが増えてきてはいます」(赤木氏)

 赤木氏によれば、図書館向きで最近子どもたちに人気があるマンガは『科学漫画サバイバルシリーズ』【6】。また、『ゲン』と並んで反戦をテーマにした『アドルフに告ぐ』【7】も入りやすいが、手塚作品の中では『ブラック・ジャック』【8】以外はさほど人気はないそう。「今の子どもたちにとって、手塚作品のペンタッチは古く見えるのでは?」(赤木氏)とのこと。

 そのような現状に照らし合わせてみると、30年以上にわたって多くの子どもたちに読み継がれてきた『ゲン』は、やはりかなり特異な例といえよう。

 では、そもそもなぜ『ゲン』が学校図書館に入るようになったのだろうか? 初めて単行本化した汐文社の元社長・吉元尊則氏は次のように語る。

「74年にオイルショックによる紙不足で『週刊少年ジャンプ』での連載が休止になり、それまでの掲載分を単行本にして75年に出版しました。それを読んだ大江健三郎さんが高く評価してくれたり、『徹子の部屋』に中沢さんが出演したり(83年)、さまざまなメディアで取り上げられたりし、また、日教組の機関紙『教育評論』で連載を続行することになり、『この作品はマンガではあるが、反戦教育に役立つ教材だ。ぜひ子どもたちに読ませたい』と先生たちが積極的に図書館に入れ、80年頃から徐々に広がっていった形です。教育現場では『マンガは娯楽』という意識が根強くありましたが、社会全体で見るとマンガも文化のひとつとして認められるようになったことも後押しとなった。最初に学校図書館に入ったマンガは『ゲン』ではないかと思いますね」

 ただし、その普及率には地域差があるという。

「被爆地に近い西日本の学校のほうが圧倒的に入っている率が高く、一時は80~90%くらいは入っていましたね。広島、長崎は、ほぼ100%入っています。やはり、西日本のほうが、原爆を風化させてはいけない、語り継いでいきたいという意識が強いのでしょう。逆に、東日本、特に東北や北海道ではあまり入ってないですね」(吉元氏)

 マンガ評論家の呉智英氏は、背景に日教組が絡んでいたことについて、「学校に入りやすい一因にはなったが、別に日教組が『ゲン』を入れろという政治闘争をわざわざやったということはないと思う」と分析、その上で、「大江健三郎氏の言葉を引き継いで私も言っていますが、『ゲン』はいわば、原爆被害者の『民話』なのです。被爆者、戦争の被害者として、原爆が憎いという“怨念”を表現したのがこの作品。天皇やアメリカへの批判といった政治的な言説に回収されてしまうような凡百の"思想書"とはまったく違う。だからこそ優れているし、読み継がれているのだと思う」(呉氏)と語る。

 赤木氏も同様に、「仮に当初の図書館への納入に日教組の動きが影響していたとしても、現場で子どもたちに読まれなければ定着などしなかったでしょう。そういう意味では、この本を選択したのは子どもたちだといえます。どこの小学校でも『ゲン』はボロボロになるまで読み込まれており、買い替えの頻度が高い。本当にあったことを本気で語っているところがこの作品の魅力。そこが人の心を揺さぶるんでしょう。そういう作品は少ない」と述べる。

「残虐な描写が多い」「歴史認識に問題がある」と批判する人もいるが【記事「島根の"閉架騒動"とはなんだったのか?」参照】、先生にも子どもたちにも認められた『ゲン』は、学校図書館におけるマンガの、いやすべての図書を含めても最大のヒット作のひとつといっていいだろう。

 しかし、一部では「もはや、あまり読まれていない」という声があるのも事実だ。前述の小学校教諭は溜息まじりに語る。

「図書館に置いてあることは置いてあるんですが、うちの学校ではまったく人気がありませんね。島根の小中学校での閲覧禁止騒動をニュースで見たとき、『閉架にするも何も、そもそもほとんど読まれてないでしょ』と思いました。最近の子は、幼児期からスマホやタブレットなどに慣れている影響でしょうか。一般図書どころか、マンガさえあまり読まないんですよ。『マンガばかり読んでないで、活字の本も読みなさい』と諭す以前の状況なので、むしろ『ONE PIECE』【9】くらい読んだらどう? と言いたいくらいです(笑)。そのせいなのか、子どもの思考力は以前より落ちてる気がしますね……」

 また、小3・小5の子を持つ関東圏に住むある母親も、「自分は読んだことがあるけど……」と前置きした上で、「うちの子たちは読んだこともないし、タイトルすら聞いたことがないと言っていました。近所でも、そもそもマンガ自体、読んでいる子をあまり見かけません。昔みたいに、『週刊少年ジャンプ』の発売日に誰かの家に集まってみんなで回し読み、なんていう状況は今はないのでは? それよりもゲームですよ。マンションの入り口などで数人集まってDSをしているのが普通の風景になっています」と語る。当然、学校の図書館になどほとんど行かない。週1時間ある「図書の時間」以外は、ごく一部の小説好きの子しか利用していないような状況なのだそうだ。

 縮小傾向とはいえ、いまだ出版業界の売り上げの大きな割合を占め、出版業界を支えている一大コンテンツであるマンガ。しかし、こうした現場の声を聞くにつけ、いまの子どもたちが大人になる頃にはどうなっているのか、と暗澹たる気持ちになるのは筆者だけではないだろう……。

(文/安楽由紀子)

1312_library_02.jpg

【1】『コミック版 日本の歴史』
ポプラ社(07年~)/1050円
歴史マンガはいくつかの出版社から出版されているが、その中でも最も人気があるといわれているのが、このシリーズ。その理由は、戦国武将がみんなイケメンだから!


1312_library_03.jpg

【2】『小学館版 学習まんが人物館』
小学館(96年~)/893円
伝記マンガもいくつかの出版社から出ているが、このシリーズには「スティーブ・ジョブズ」「松井秀喜」「藤子・F・不二雄」などなど、ほかにはない人物たちもラインナップされている。


1312_library_04.jpg

【3】『学研まんが 新・ひみつシリーズ』
学研教育出版(03年~)/924円
1972年に刊行が開始された人気シリーズが、2003年にリニューアルしたもの。「大リーグのひみつ」「お金100のひみつ」「頭をよくするひみつ」などもある。


1312_library_05.jpg

【4】『はだしのゲン』
中沢啓治/汐文社(75~87年)/714円
オリジナルの汐文社版全10巻のほか、汐文社愛蔵版全10巻、中公文庫コミック版全7巻、ほるぷ出版版(「中沢啓治 平和マンガ作品集 第1期」全10巻)が発売されている。


1312_library_06.jpg

【5】『銀の匙 Silver Spoon』
荒川 弘/小学館(11年~)/440円
現在、「週刊少年サンデー」に連載中の人気作品。北海道の農業高校を舞台に、都会育ちの少年が悪戦苦闘するという青春物語。「マンガ大賞2012」の大賞を受賞。


1312_library_07.jpg

【6】『科学漫画サバイバルシリーズ』
朝日新聞出版(08年~)/1260円
韓国発で、世界中で2000万部読まれている学習マンガの日本語版。宇宙、自然、災害など、さまざま場面で登場人物が知恵をしぼって生き残ろうとする。


1312_library_08.jpg

【7】『アドルフに告ぐ』
手塚治虫/文藝春秋(09年~)/630円
1983~1985年に発表された作品。1936年、ヒットラーの出生の秘密を知る日本人が殺された。ナチスドイツと日本を舞台に、3人の「アドルフ」の運命を描く。


1312_library_09.jpg

【8】『ブラック・ジャック』
手塚治虫/秋田書店(74年~)/420円~
1973年から1983年にかけて「週刊少年チャンピオン」にて断続的に連載。モグリの医師であるブラック・ジャックの活躍を描く、医療マンガの金字塔。アニメ化、実写化もされている。


1312_library_10.jpg

【9】『ONE PIECE』
尾田栄一郎/集英社(97年~)/410円
海賊となった少年とその仲間たちの冒険物語。2013年11月に第72巻が出版され、累計発行部数は3億部を突破した。99年からは、フジテレビ系でアニメ版も放映されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ