サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【エロ劇画作家・三条友美】「セックスも戦争も同時、それが現実」

――エロ、バトル、SF、ファンタジー…… あらゆる要素が凝縮され、エロ劇画のタブーを破った『人妻人形・アイ』(茜新社)を生み出した三条友美氏。エロ劇画家としてますます血気盛んな三条氏の発想の原点やエロ劇画界の現状について、大いに語ってもらった。

1312_ai.jpg
『人妻人形・アイ』(茜新社)

 三条友美の『人妻人形・アイ』(以下、『アイ』)。物語の舞台は20××年、東アジアの連合国家NEGAによって半植民地化された日本。女たちが総ビッチ化したスラムで、謎の娼婦連続猟奇殺人事件が発生する。事件を追う元刑事・秋庭大介の婚約者である主人公アイ(処女)は、NEGAの大ボスにして処女中毒のドスケベじじい通称「ドン」により囚われの身に。大介は女子高生組長・詩音と共にアイ救出に動くが、ドンの右腕、隻眼のメイ・リンにより次々と女刺客が送り込まれ…… というエロ劇画史上類を見ないストーリー展開や、作中にふんだんに盛り込まれた、映画『ブレードランナー』をはじめとするさまざまなパロディなどでカルト的な人気を博したが、掲載誌の休刊に伴い、休載を余儀なくされた。しかし、その続編『人妻人形・アイⅡ』(以下、『アイⅡ』)が、この7月より姉妹誌「完熟ものがたり」(茜新社)で連載が再開された。

──まずは、連載再開おめでとうございます。

三条友美(以下、三条) ありがとうございます。実のところ、私も半ばあきらめていたところがあったんですが、連載再開を希望する読者ハガキも相当な数が届いたらしく、担当編集さんの熱意もあって続編を描かせてもらえることになりました。

──『アイ』に登場するキャラクターはみな個性的で、裏設定も凝っていますね。

三条 みんなとっとと死んじゃうんですけど、使い捨てキャラにはしたくなかったんです。頭にあったのは『ウルトラマン』や『仮面ライダー』に出てくる怪獣や怪人たち。彼らは1話限りで消えてしまうのに、強烈なインパクトがありました。月刊で続きモノをやるにはどうしたらいいかと考えたとき、そういう特徴のあるキャラを、あまり引き延ばさずに、派手に登場させて潔く散らせるのがいいのかなと。

──殺すには惜しいキャラが何人もいました。

三条 つい最近、『アイ』の登場キャラクターたちが一覧できる、「人妻人形・アイ キャラクター公式カタログ」というサイトができたんですよ。ツイッターで、ホームページ作成をお願いできる方を募集したところ、関西在住の女性ファンの方が作成してくれました。まったくの無償で、しかも疲労で倒れながらも作っていただきました。その熱意には涙が出るほど感謝しています。

──『アイ』は、エロ劇画誌掲載作品とは思えないSFバトルマンガですが、創作の動機は?

三条 純粋にバトルマンガが描きたかったというのもありますが、バトルマンガのお約束を壊したかった。週刊の少年マンガ誌に連載されているような王道バトルマンガって、結局強い者が勝つでしょ。パワーアップの繰り返しで、単純すぎてイヤなんですよね。どちらかというと、たとえば力道山が酒場でヤクザに刺されて死んでしまったとか、どんなに強いヤツでも寝首を掻けば勝てる、みたいなのが好きなんです。

三条作品の影響で変態行為に及ぶ夫婦

──さて、(前回同様)今回もエロ劇画の取材なのですが、ここまでエロっぽい話は一切してないんですよね。それがまた『アイ』の特徴だとも思うのですが。

三条 あるジャンルを押しつけられると、逆らいたくなるんですよね。ホラーを描いているときは、なんだかエロが描きたくなったり。『アリスの家』(おおかみ書房)を読んでもらえればわかるんですけど、あれはホラーマンガ集なのに、ドエロなんですよ。形を変えたSMマンガだと思っています。

──掲載誌だった「ホラーM」(ぶんか社)は、小学生や中学生も読む雑誌ですよね。そんな媒体でドエロ……。

三条 実際、小学生や中学生に読ませたかったんです。子どもたちが何かに目覚めてくれたらいいなと。ツイッターのフォロワーの方から、たまに「先生のマンガを読んで道を踏み外しました!」みたいなリプライをいただくことがあるんですけど、やはり嬉しいです。

──作家冥利に尽きますね。

三条 そう、このあいだ、やはりツイッターで私のマンガに影響を受けた夫婦と知り合ったんです。夫婦で三条マンガ的なプレイを実践しているというんです。スワッピングしたり、奥さんをいろんな男に抱かせたり。

──変態じゃないですか!

三条 メールアドレスを交換したらそういう写真をたくさん送ってくれて、よくよく話を聞いてみると、奥さんは40歳くらいなんですけど、重度のセックス中毒なんです。過去にも、たとえば中学生のときに無理やりフェラチオを教え込まれたとか、素敵なエピソードをたくさんお持ちで。そんな熟女のセックス歴を、幼少期から現在進行形のプレイに至るまで、写真を交えながら生々しく実録マンガにしてみたいんですよね。映画『ゴッドファーザー PART Ⅱ』のような、過去と現在を行き来するような感じで。ただエロいだけじゃなくて、やっぱり倒錯してるから、複雑な人間の心理も描きたい。現在、この作品を描かせていただける出版社を探しています。

──それは実現させたいですね。ところで、『アイ』におけるエロとバトルのバランスは、どのように考えられたんですか?

三条 最初から、主人公アイの調教シーンと、殺し屋たちのバトルが同時進行する構成にしようと決めていました。というのも、そのほうが現実的なんじゃないかと思ったから。現実の世界では、あるところではセックスしてて、またあるところでは戦争が起こっている。相互のかかわりなく、まったくバラバラに展開してるわけですよ。それを実感したのは、3・11のとき。ある知り合いの女性が、震災の起こった晩にラブホテルに行ったっていうんです。日本中がパニックになってるときにセックスするって、こういう言い方は不謹慎かもしれませんが、素直に「いいなあ」と思って。

──『アイ』はバトルに注目が集まりがちですが、アイの調教シーンもかなりエグいですよね。

三条 女性が堕落していく姿って、大好きなんですよね。だいたい私のマンガは女性が堕ちるところまで堕ちて終わるんですけど、アイは堕落しきったところからが本領なんです。それから、アイには私の女性観みたいなものも投影されています。つまり、女のほうが思いきりがいい。男は意外と純情なんです。「女々しい」って言葉は男に使うでしょ。大介はまさに女々しいんですよ。一方でアイは、どんどん現実を受け入れていく。

──ある面では強い女性ですよね。愛する男のために自ら囚われの身になるという。ちなみに、最近のエロ劇画界をどう思われますか?

三条 やっぱり昔のほうが面白かったですね。70年代後半から80年代にかけて「漫画大快楽」(檸檬社)っていう実験的なエロ劇画誌があったんですけど、当時は編集者も「最先端なことをやろう」みたいな元気がありました。

──現状では、新しいことをする作家は出にくいでしょうか?

三条 たぶん、みんなやりたいとは思っているんですよ。私の知り合いにも、エロ劇画誌でボクシングマンガを描きたいっていう作家がいますし。ただ、編集サイドの要望もありますからね。お決まりのパターンを踏襲しないと固定読者に受けないと思って、より保守的になってしまう。でも、それだとジリ貧じゃないですか。だから、『アイⅡ』という冒険を許してくれた「完熟ものがたり」には感謝しています。

──では最後に、読者の方々にメッセージを。

三条 ぜひ「完熟ものがたり」を買ってください! 連載完結までずっと読んでくださると嬉しいです。ツイッターもやっていますので、気軽に話しかけてください!!

(構成/須藤 輝)

三条友美(さんじょう・ともみ)
1970年代後半にエロ劇画家としてデビュー。エロ劇画における既成概念やタブーを破壊する作品を数多く発表し、注目を浴びる。
Twitter ID/@tomomisanjo

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ