サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【連載】「ネット選挙解禁」をめぐる議論の争点
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第39回

「ネット選挙解禁」をめぐる議論の争点

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1308_uno.jpg
『知っておきたいネット選挙運動のすべて』

 先日、ある新聞社から取材を受けた。インターネット選挙運動の解禁で政治はどう変わるのか、というテーマだった。具体的には来るべき参議院選挙において、どのような効果が見られるのか、という話の、それも僕からはやや煽り気味の談話を引き出したかったようだった。僕個人の感想としては、もちろん長期的にはインターネットを活用した選挙活動はこの国の政治文化を変えていくと考えている。しかし、この記者が僕から引き出したかったと思われる議席の増減に直結するような効果が、この夏の参議院選挙で顕著に表れるとは考えにくい。

 そう答えると、今度は「では宇野さんは、インターネット選挙運動解禁の効果は薄いとお考えなんですね」と誘導された。そういう問題じゃないのだ、とゼロから説明し直していく途中で、どっと疲労感に襲われた。法律がひとつ変わっただけで、目に見える効果がすぐに表れるようなことも世の中にはたくさんあるのだろうが、そうじゃない問題のほうが多い。

 大切なのは、この一回で目に見える大きな効果が出たか出ないか、出ないならそれは意味がないのだ、といった短絡的な思考に陥らないことだ。この法律の範疇で何ができて、何ができないのか。できることで効果が見られたのは何か。あるいは効果を上げなかった運動が効果を上げるためには何が必要か。そして、法律自体はこの先どのように変えていけばいいのか。こうした議論を徹底することが重要なのであって、「インターネットが政治を変える」的な若手言論のキャッチフレーズの是非を問うゲームとして、この法律改定を捉えるべきではない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』