サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:二階堂ふみ(女優)

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1303_mimi_1.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1303_mimi_4.jpg

東京事変
『群青日和』
2004年9月に発売された、東京事変のデビューシングル。雨の新宿を独特の“林檎節”で描写しつつ、「あなた」への満たされない思いを歌う。


 沖縄で暮らしていた小学生の頃から、クラシックが好きでした。バイオリンやバレエを習っていたのがきっかけなんですけど、やばいですよ、クラシックは。深い。掘っても掘ってもきりがない。いまでも大好きだし、渋谷のユーロスペースで映画を見たあとに名曲喫茶へ寄って、クラシックを聞いていた時期もありました。そのお店が閉まったら、今度は隣りのロック喫茶に行ってキャベツ炒めを食べてたっていう(笑)。すっごくおいしいんですよ、そこのキャベツ炒めが。

 クラシック以外で、沖縄時代に聞いていたのは甲斐バンドとセックス・ピストルズぐらいです。甲斐バンドはお母さんが好きだった影響なんですけど、当時は友達がいなかったから、なにがはやっているのか全然知らなかったというのもあったと思います。でも、もしも友達がいて流行を知っていても、J-POPは聞かなかったんじゃないかなぁ。なんでですかね。たぶん、J-POPそのものよりも、それを聞いている一部の人たちの音楽との接し方が苦手なんだと思います。その時の自分の気持ちを音楽に代弁してもらいすぎる感じが、ちょっぴり苦手なので。

 私にはすごく仲のいい男友達がふたりいるんですけど、この間、一緒にカラオケに行った時に彼らが選んでいたのが、長渕剛さんと横浜銀蝿だったんです。同じ年の友達なんですけど、ヤンキーでして(笑)。自分の気持ちを曲に代弁してもらわずに、「俺、この曲好き。だから歌う」みたいな彼らの真っすぐさ。いいです。私ですか? 東京事変の「恋は幻」を歌いました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』