サイゾーpremium  > 連載  > 「水着と下着の考証学」  > 【小向美奈子】──Sに見えるけど、 ホントは ドMなんです。
連載
下着と水着の考証学 第18回

[ムチでたたいちゃう女]小向美奈子──Sに見えるけど、 ホントは ドMなんです。

+お気に入りに追加

──ナイスバディなグラビアタレントさんの下着や水着へのこだわりを拝聴し、げに理解しがたきオンナゴコロに迫りませう!!

※この記事は「日刊サイゾー」でもご覧いただけます。

1303_shitagi1.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 AVの撮影の時は、中の下着よりも外の衣装のほうに気を使っちゃうんだよね。逆に仕事で下着にこだわるのは、ストリップの時。動いてもズレないようなフィット感があるものか、ズレてもかわいく見えるものを選んでる。ヒモだったり、ヒモじゃなくてもピカピカしててかわいい色とデザインのものが好き。ちなみにストリップのコツは、お客さんに、いかにパンツを「脱ぐの? 脱がないの?」って思わせるところ。まあ、脱いじゃダメだから結局脱がないんだけどね(笑)。

 自分の下着は10着以上は持ってるかな~。でもね、デザインとかはそんなにこだわれないんだよね。もう、おっぱいが入ったらなんでも好き!って感じ。Hカップで96センチもあるから、そもそもサイズが合うものがほとんど売ってないんだよ。まあでも、その中でも好きなのはシースルーのもの。レースで伸びる生地のが好き。下はヒモとかTバックとか。ピタっとしたデニムなんかをはいてもラインが出ないし、動きやすいし。でも、基本はいつもミニスカだけどね。だから、コケたらお尻が丸見えになっちゃう(笑)。あと、酔っ払うと足を開いて座っちゃうから、パンツに天使のプリントが入ってるのなんかをあらかじめはいてって、スカートをめくって「エンジェルだよ~」って人に見せたりして。もうネタだよね。笑いを取るか男を取るかでいえば、確実に笑いを取ってんの(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』