サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 最新ヤクザの人気車種一覧
第1特集
今、一番ヤクザに愛される車【2】

ポイントは乗り心地とアフターケア! ベンツにレクサス 最新ヤクザの人気車種一覧

+お気に入りに追加

──ヤクザにとって車とは重要な商売道具。では、最近の流行はどのような傾向なのだろうか?国内外の高級車から話題のBOX型ミニバンまで、ヤクザの支持を得る車種とその理由を見てみよう。

1302_lexus.jpg

[コスパ最高の高級車]
レクサス
1989年/1797cc~/356万円~
(排気量と小売価格はCTシリーズ)
89年より米国内で展開が開始された、トヨタ自動車の高級車ブランド。世界的な評価を得る品質や安全性を両立させている。さらにリーズナブルな価格設定、そして最高の接客とアフターケアに人気が集まる。一年のうち半分くらい修理工場に入るヤクザが好む高級外車とは一線を画す。だが、ヤクザから絶大な支持を受けていることで、最近では一般人から少し敬遠されつつあるという話もチラホラ……。

1302_BMW.jpg

[若手から中堅幹部の高い支持]
BMW
1932年/1598cc~/293万3333円~
(排気量と小売価格は1シリーズ)
ベンツと同じく、ドイツ生まれの自動車および自動二輪車、エンジンメーカー。その現代的でスタイリッシュなフォルムにより、日本では若年層から人気を得るが、それはヤクザでも同様で、若手から中堅クラスの親分衆からはベンツよりも支持率が高い。近年のヤクザ社会でも「イカツさ」よりも「カッコよさ」が求められるようになってきた。それは、ヤクザとカタギの間にあった壁がどんどん低くなってきたということか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』