サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】上杉隆の横暴で、自由報道協会から脱会者続出!
ニュース
盗用疑惑での炎上も「宣伝になる」とお喜び?

"傍若無人"上杉隆の横暴で、自由報道協会がいよいよ崩壊中!

+お気に入りに追加
1302_fri.jpg
2012.10.26 毎月最終金曜日の番組レギュラーとして出演する『5時に夢中!』内で上杉氏の記事盗用に対する釈明が放送。これは上杉氏自らが希望して、そのための時間を取るよう、MX側に要請をして承諾されたという。(※『5時に夢中!HP』より引用)

 このところテレビ出演や雑誌の連載などで注目を集める半面、「週刊文春」での、安倍晋三首相の選挙事務所に関する捏造記事(09年2月26日号)や日刊ゲンダイの連載などで、被災地や原発に関する明らかな事実誤認をするなど、記事の捏造や盗用が多い人物としてインターネットでは批判を集めている上杉隆氏だが、今年も目が離せなさそうだ。

 さまざまな批判がされる中で、2012年末話題になったのが「読売新聞記事剽窃問題」だ。11年3月23日付「ダイヤモンド・オンライン」と上杉氏の著作『国家の恥』(ビジネス社)で使用された「3月23日現在、原発事故への各国政府の対応」という表が、「著者調べ」として掲載されたが、これが11年3月19日付の読売新聞朝刊に掲載された「自国民に対比を求めている主な国・地域」という表に酷似しており、上杉氏が盗用したのではないか、という疑惑が持たれている一件だ。

 この記事剽窃問題に関して、上杉氏を批判した池田信夫氏やアゴラブックス、池田氏のブログを掲載するBLOGOSの運営会社・NHNなどに対し、上杉氏が名誉毀損の訴えを起こしており、法廷までいけば、綿密な検証がなされるだろう。だが、上杉氏は、自身のHPやツイッターなどで「調査を行い盗用の事実がないことを第三者立ち会いのもと確認した」「報告書を出します」と発信しているにもかかわらず、その後それらしきものは出ていない様子だ。

 ある自由報道協会会員は「剽窃問題が持ち上がった後、上杉氏の逃げ回り方はひどかった。協会で行われた会見の仕切り役を、別の会員に押し付けていたほどです」と語る。

 そんな上杉氏に対する批判の声は日ごとに増しており、ネット上では『上杉隆氏についての検証』なるサイトが有志の手で立ち上げられている。ここには、「ハワイで環境基準の43倍のセシウムが観測された」など、これまで彼が手がけた原発関連の手ぬるい取材による言説や、NHK及びニューヨークタイムズでの経歴に関する検証など、同氏がウェブやメディアで起こした問題が、ほぼ網羅されている。

 だが、こうした批判の高まりに対して同氏は、落ち込むどころか、「『宣伝になる』と喜んでいる」(同)という話もあるから手がつけられない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』