サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 【山口組担当vs稲川会担当】 部署間で争うマル暴たち
第1特集
暴排条例で拡大したマル暴刑事の"シノギ"ビジネス【2】

山口組担当と稲川会担当で足の引っ張り合い!? 部署間でも争うマル暴たち

+お気に入りに追加

――昨今のマル暴デカたちの素行が垣間見れる瞬間……それは、対ヤクザだけではなく、仲間内での”情けない”争い事の中にもあった──。ここでは、「シューマイ弁当」事件をご紹介。

1302_marubo.jpg
『マル暴』(バジリコ)

 警察組織の中でも、際立って「アクの強い存在」といわれるマル暴。彼らの特徴のひとつとされるのが、隣り合う県警本部同士の反目の激しさだ。

 特に有名なのが、大阪府警と兵庫県警、福岡県警と佐賀県警、そして警視庁と神奈川県警のマル暴刑事たちの不仲ぶりである。週刊誌記者が話す。

「福岡県警と佐賀県警はとにかく仲が悪く、『暴力団の道仁会が仲裁しなければ仲直りできない』とまでいわれるほど。それから大阪府警と兵庫県警は、山口組の摘発・情報収集をめぐってライバル関係にある。そのスタイルも著しく異なっていて、大阪がヤクザを徹底的に締め上げるのに対し、兵庫は取り込みを図るタイプ。双方の捜査員はしょっちゅう、『あんなやり方じゃダメだ』と陰口を言い合っていますよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載