サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】政権交代で、経産省vs財務省の戦争勃発!?
ニュース
自民党政権で活気づくのは、経産省と産経新聞?

経産省vs財務省のバトル勃発!? 新聞記者が語る霞ヶ関の政権交代

+お気に入りに追加

[座談会参加者]
A…全国紙政治部記者
B…全国紙経済部記者
C…全国紙経済部デスク

1302_seiken.jpg
『政権交代とは何だったのか』(岩波新書)

A さて、民主党がぼろ負けして安倍晋三内閣が発足、永田町や霞ヶ関のほうの“政権交代”はどうよ?

B 霞ヶ関では、民主党の「政治主導」体制でやりにくくなっていた官僚たちが、「自民党政権で前のように気持ちよく仕事ができる!」と盛り上がってますね。ただ、安倍内閣の発足が12月26日と年末にずれ込んだため、官僚は年末年始も返上で大臣への説明などに当たっていて、「休めなくて年賀状も書けない」と嘆いてますよ。要領のいい官僚は、選挙期間中に休みを取ったり忘年会を入れたりして、すでに十分に英気を養っているようですが(笑)。

A 議員会館を歩いてると、選挙前から各省庁の役人が自民党幹部議員の事務所に通う姿をよく見たね。

C 自民党の一部議員は、早くも増長気味だな。うちの若い記者なんて、総選挙後に自民党の大臣候補に「これからよろしくお願いします」と挨拶に行ったら、「お前はこれまで見なかった顔だな。野党時代に来なかったやつの取材は受けない」と一蹴されたって言ってた。気持ちはわかるけど、大人げないよなあ。

A 民主党だって大人げないよ。ある大臣経験者が「政権内部で自民党議員の不正をつかんだ。今後は、野党としてこれを武器に戦う」なんて息巻いていた。ただ、官僚にとって自民党の先生方は怖い存在だから、民主党の議員に政争の具になるような情報は与えてないだろうけど。

B 官僚内部のほうでの動きはどうですか?

A そりゃあ要注目は、政務担当の首相秘書官に就いた、今井尚哉・前経産省資源エネルギー庁次長の動向でしょ。

MEMO政権交代
12月16日に投開票された衆議院議員選挙で、自公両党は計325議席を獲得。参院で否決された法案を再可決できる3分の2(320議席)を超え、民主党・野田内閣を総辞職に追い込んだ。

B そうですね。政務秘書官は首相秘書官の筆頭格で、首相の日程管理、政府内部や与党との調整を任される重要なポスト。小泉純一郎政権の飯島勲氏など、首相の秘書が務めるのが通例です。今井さんは06年の第1次安倍内閣で首相秘書官を務め、安倍首相の信任厚く今回の抜擢となりました。今井さんの安倍首相べったりは有名で、資源エネルギー庁のデスクの引き出しの中には安倍首相のブロマイド写真が隠されているって話があったほど(笑)。すでに総選挙前から、“その後”を見据えて安倍事務所に出入りする姿が目撃されてました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』