サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【オウム真理教】の信者が増えている!?
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

オウム真理教よどこへ行く?「約7年ぶり出家者認定」報道も社会とは”鎖国”「引きこもり教団」化へ

+お気に入りに追加
201210_oumu_news.jpg
オウムの元信者たちのインタビューをまとめた『オウムを生きて』(小社刊)。

 18日、オウム真理教(現アレフ)元信者菊地直子被告と同居していたとして、犯人隠匿罪などに問われた高橋寛人被告の初公判が東京地裁で開かれ、菊地被告及び高橋克也被告ら、今年6月に逮捕された教団「特別手配犯」関連裁判がスタートした。菊地被告らの逮捕・起訴で、久しぶりにオウムへの関心が高まっているが、教団はますます社会から「孤立」し、「引きこもり教団」のような状態になりつつあるというのだ。

 同じ18日、初公判に合わせてか、オウムをめぐる大きな報道があった。日刊スポーツが「オウムが今春、約7年ぶりに出家信者を認定していた」と報じたのだ。同紙によると、オウムは今春、西日本の道場に所属していた20代の男性在家信者を出家信者として認定したという。麻原彰晃死刑囚が95年に逮捕されて以降、教団で出家を認定される信者は激減していたといい、同紙では今回の出家「再開」は、麻原時代の原点回帰路線の一環ではないか、という捜査関係者の見方を報じている。

 警察当局は、菊地被告や高橋被告の起訴で、オウムの一連の事件に対する捜査はいったん終了としたが、一方で、教団の閉鎖性は強まっているという。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載