サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 将来の首相候補【細野豪志】に詐欺疑惑!?
ニュース
政界きってのイケメンに黒い影……

将来の首相候補民主党 細野豪志に詐欺”加担”疑惑が!?

+お気に入りに追加

民主党のプリンスの求心力が低下中!?

人材が少ないといわれる民主党の中で、41歳と若く、イケメンで人気もあり、「将来の首相候補」と呼び声も高い細野氏。その人気によって、先の民主党代表選に担ぎ出されたが、結局「野田総理を支える」とし、出馬を断念。これに対して、周辺では失望の声があがり、急速に求心力が落ちているのだという。

1211_az_hosono.jpg
『証言』(講談社)

 9月の民主党総裁選への出馬こそ見送ったものの、橋下徹・大阪市長と並んで「将来の首相候補」との呼び声も高い細野豪志・民主党政調会長。若き政界プリンスの “泣き所”を探るべく、週刊誌を中心とする各メディアが取材に動いているという。

 まずは女性問題。2006年10月に写真週刊誌「フライデー」)講談社(が報じた山本モナとの不倫騒動以来、夜の会合を控えるなど自重に努めてきた細野氏。だが、最近では、今年9月に「週刊ポスト」(小学館)が報じた、自身の事務所秘書との不倫疑惑のほか、その眉目秀麗さゆえに、女性問題に関するうわさは後を絶たない。

「以前にも、民主党の若手議員が開くコンパに、女性を連れてきているというネタが持ち込まれ、記者が追いかけていたが結局しっぽをつかめなかった。本人はマスコミから“モナ男”とあだ名をつけられていることを承知しており、懇意にする記者連中に『もうモナ男はしてないよ』なんてジョークを飛ばしています(苦笑)。結局、さまざまなうわさは飛ぶものの、どれも確証はなく推測の域を過ぎない」(政治ジャーナリスト)

MEMO『細野豪志』
議員秘書を経て、00年衆院初当選。副幹事長など歴任後、現職。環境大臣、原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣、内閣府特命担当大臣(原子力行政)を担当。

 一方、ここ最近は地方で“息抜き”をしているとの情報も出ている。ある政治担当記者は語る。

「民主党随一の人気と動員力があるため、地方の若手議員や立候補予定者の会合に呼ばれることが多いのですが、夜遅くまで飲み歩き、消息が途絶えることが珍しくないですね。というのも、東京ではモナ騒動以来、細野議員の妻と娘が上京して、赤坂の衆議院議員宿舎で同居。最近化粧を念入りにしてキレイになったと評判の妻・節さんの監視の目が、相当厳しいみたいです」

 穏やかな性格で取材時などの失言も少ないとされる細野氏だが、元来の“女好き” がいずれ災いするのでは――と見立てる週刊誌記者は多い。こうしたメディアの監視の目も強まる中で、窮屈な赤坂暮らしは当分続きそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』