サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 両社【凋落】の要因「円高、サムスン」はホントか?

──1918年創業の老舗として、信頼性の高い製品を世に送り出してきたパナソニックと、46年に創業し、数々の先進的な製品を生み出してきたソニー。両社が長年”ものづくり大国”の象徴的存在であったことは、少なくとも30代以上の世代には、説明するまでもないだろう。

1207_uchiwake.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
【2011年度連結営業利益の内訳】(註)カッコ内は、「事業内容」の主要商品。また、「消去又は全社」とは、各事業内容に割り当てることのできない収益や費用のこと。

 しかし、そんな両社が近年、極度の業績不振にあえいでいる。2012年3月期の連結決算で、パナソニックは、前期比85・7%減となる営業利益437億円、そして電機業界では史上2番目の最終赤字額となる純利益マイナス7722億円(!)を計上。09年の三洋電機買収に伴うのれん代(営業権)5180億円のうち2500億円を減損処理したのもさることながら、テレビ事業の構造改革費用7671億円を計上したことが大きく響いた。片やソニーも、営業利益マイナス672億円(前期は1998億円の黒字)、純利益マイナス4566億円という巨額の赤字を計上。中でも主力の薄型テレビ事業の赤字は8期連続、累積でマイナス7000億円以上という体たらくだ。(右のグラフ参照)

1207_uriagedaka.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
【2000年度以降の売上高と営業利益】【出典】図表はすべて、両社公表資料より作成。

 こうした危機的状況を受けて、両社は今年に入り、揃って経営陣を刷新。パナソニックは、12年6月27日付で津賀一宏専務(55)を社長に昇格させ、大坪文雄社長を会長、中村邦夫会長を相談役にそれぞれ就任させる人事を発表。ソニーも、ハワード・ストリンガー会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)を社長兼CEOから退任させ、代わって平井一夫副社長(52)を昇格させる人事を発表した。だが、先に挙げた巨額の赤字を見れば、社長の交代だけでどうにかなる状況でないのは誰の目にも明らかだ。

 世界に冠たる企業であったはずの両社が、なぜこれほどの赤字を垂れ流すまでに落ちぶれてしまったのか? そして、両社がかつての栄光を取り戻す日は果たして訪れるのか? そうした疑問の答えを探るため、本稿ではまず、両社凋落の要因として、新聞や経済誌などで繰り返し語られているさまざまな“定説”の妥当性について、何人かの専門家の意見を交えつつ検証してみようと思う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』