サイゾーpremium  > 特集  > 【創価学会員】必携!賛否両論の学会関連書籍
第1特集
タブー破りの創価学会本

創価学会員なら一家に1冊!"称賛&嘲罵"な学会関連書籍

+お気に入りに追加

──創価学会にまつわる書籍は驚くほど多い。ここでは、数多ある学会関連書籍から、現場学会員が「読むべき良書」と「反学会本を、どのように読み解いているか」を赤裸々に語ってもらった──。

[座談会出席者]
A...いわゆる学会二世の40歳。10代の頃はあまり熱心でなかったが、学生時代に先輩の激励で発心。日蓮大聖人をひもとく書籍が好き。
B...学生時代に友人の紹介で入信した37歳。20代の頃は折伏活動に精を出したが、現在は仕事優先の毎日。反学会本を常にマークしている。
C...学会二世の27歳。信心に目覚めたのは、現在の婚約者が熱心だったから。学会関連本は、アンチから池田先生の名著まで、幅広く読んでいる。


A 今回は現場の学会員が解説する学会関連本という企画なんだけど、まず紹介したいのは『人間 池田大作 私の見た素顔』【1】。著者の木村恵子氏は学会員でもないのに、池田先生のドキュメント番組『人間 池田大作』を制作した人物だ。

B 周囲の反発を受けつつも、番組を作っていくうちに池田先生の人柄に触れていく内容だけど、そんなに反発が多かったとは(苦笑)。その先生の素顔が散見できるのが、学会員は誰でも読んでいる『池田大作の軌跡Ⅱ 平和と文化の大城』【2】だ。

C 月刊誌「潮」(潮出版社)に連載された、ルポルタージュとなっている。1974年あたりから水俣病の患者たちを激励したり、戸田城聖第2代創価学会会長の会社の資金難を乗り越えるため、埼玉県まで借金の申し入れに行くなど、現在の学会の礎を築いた内容が心に響く。

A 69年に始まる、「言論問題事件」(『創価学会を斬る』〈日新報道〉の見本刷りを見た学会幹部が出版社や著者に抗議した事件)の裏事情も綴られていますが、本書で特筆すべきは「創価学会員は(他人の)葬儀で香典を盗む」という噂を広めた、評論家・大宅壮一氏の告白。彼が死ぬ間際の70年10月、病床に見舞いにきた知人の「潮」の編集者に「私は『潮』との付き合いを通して、創価学会を知った。今になって思えば、大変なことをしたと思うことがある」と詫びを入れるシーンは学会幹部でも知らない人が多かったでしょう。

B 50年代半ば、全日本仏教会の幹部が大宅氏に「創価学会の勢いで我々の信者が取られてしまう」と泣きついて、同氏が若手ジャーナリストらに噂を広めさせた話だね。それにしても、こんなヤバい話を表に出してもいいのかね(苦笑)。さて、仏教会だけじゃなく、学会の敵を斬る本は、ある意味必読。学会から3億円を恐喝し、いまだに学会と裁判を続けている宿敵、元創価学会顧問弁護士・山崎正友への「攻撃の書」は多い。

A 我々は池田先生のため、学会のために反撃しなければならない。そのため信者による山崎攻撃の本は、『人間失格 こんな悪い奴はいない─裁かれた山崎正友の正体』(野崎勲著・自由社)、『邪智顛倒 ペテン師にして恐喝犯 山崎正友の正体』(北林芳共著・はまの出版)など、学会系出版社以外からも、たくさん出されている。中でも強烈だったのは、学会系出版社による『サイコパスの犯罪 元弁護士 山崎正友の心の闇』【3】だ。

C この本自体、山崎に訴えられたんですが、彼の人格そのものに踏み込んで話題になりました。「どうやって学会ネタを『週刊新潮』や『週刊文春』に売り込んだか」、その一方で「『記事が載るぞ』と学会を脅して金をせびる」など......。

A さらに同書では、山崎に妻子がありながら、ホステスに「月20万円で俺の女にならないか」と口説くなど、さまざまな女性遍歴を暴いている。「仏敵とは徹底的に戦え」というのが日蓮大聖人の教えだからそれも道理だけど、同書の過激な内容を見る限り、あいかわらず学会が敵を攻撃すると容赦がない(苦笑)。

学会員をないがしろにする公明党員の所存

B でも最近、悪意に満ちた学会批判記事が増えた気がするけど、世間体を気にしてか、学会上層部もあまり訴えたりしなくなった。そのあたりの不満は現場からも上がっている。

C 反学会メディアを見逃して、会合でふんぞり返って「敵対勢力と戦え」と学会本部の幹部に言われても説得力がありませんよね。

A 学会幹部の弱腰もそうだが、公明党議員もどうかと思う。彼らを当選すべく我々が選挙活動に協力したが、元議員も含め、公明党議員が書いた本には学会への感謝が見当たらない。

C なにしろ、先の参議院選挙で公明党の太田昭宏代表が「創価学会の皆様、ご協力ありがとうございました」と団体名を出して代表が謝辞を述べたのは、公明党史上初の快挙だそうですからね。「もう公明党議員は応援したくない」という声が上がるのもわかります。

A さて、選挙の話が出たけど、政教一致にまつわる批判本といえば、「先生は独裁者で、政権を狙っている」という『創価学会=公明党が政権の"オーナー"でいいのか』【4】。「(公明党)委員長を引き受けるときから人事権は学会にあると、明確にされていた」という、反学会に翻った竹入義勝元公明党委員長の「秘話」が掲載されている。

C そもそも、選挙の戦略や公明党の人事なんて現場学会員は知らないし、もし知っていたとしても、選挙戦略が絡むのであれば前もって連絡が来るはずです。候補者情報が知らされるのだって、投票直前(約1カ月前)ですからね。

A 政教一致は創価学会の根幹にもかかわる問題だけど、公明党のHPにもあるように、政教分離の原則は、大森政輔内閣法制局長官(当時)の国会答弁趣旨(99年7月15日)にある「憲法の政教分離の原則とは、信教の自由の保障を実質的なものとするため、国およびその機関が国権行使の場面において宗教に介入し、または関与することを排除する趣旨である。それを超えて、宗教団体が政治的活動をすることをも排除している趣旨ではない」という答弁通りだと思う。まあ、政権分離問題の話をしていると、朝までかかるからこのあたりで(笑)。

B じゃあ、次の批判本は『イケダ先生の世界 青い目の記者がみた創価学会』【5】。著者は最近学会関連の発言が多い、元『フォーブス』の元アジア太平洋支局長のベンジャミン・フルフォードだ。

A 同書によれば、「創価学会の女性から、何度も入信を誘われて嫌気がさした」そうだ。まあ版元の宝島社は、創立者でもあリ現社長の蓮見清一氏からして、有名な学会嫌いだ。

C 学会内では、取材対象や情報ソースからして、脱会者や海外でのメディア報道が中心のため、偏見に満ちているという評価です。「公明党と学会の関係や学会の目指すもの」について分析していますが......。

A 彼が学会報道を始めたきっかけは、「フォーブス」時代にロサンゼルス支局から受けた「学会のことを調べてくれ」という指示によるものだったと本書で述べているが、反逆者の龍年光(元公明党都議)に取材している時点で、その分析も眉唾だ。

B 龍が「学会の青年たちが日本刀を持って襲ってきた」という記述があるけど、もし本当にそんなことがあったら、全国三大紙の一面を飾れるよ(苦笑)。ともあれ、いくつかの本を紹介したが、個人的には冒頭の『人間 池田大作』をオススメしたい。

C 先生と奥さんのやリ取りから、「妻や彼女の機嫌を取る話術」も学べますからね。

B 鋭いな。でも、本当にその通リだよ(笑)。

(構成/編集部)
[07年12月号所収]

bs_gakkai_01.jpg

【1】『人間 池田大作 私の見た素顔』
木村恵子/潮出版社(99年)/1000円
アメリカと日本で放映されたドキュメンタリー番組『人間 池田大作』のプロデューサーが描く、池田大作氏の素顔。巨大宗教のトップや週刊誌報道といった先入観を排除した、希有な1冊。


bs_gakkai_02.jpg

【2】『池田大作の軌跡Ⅱ 平和と文化の大城』
「池田大作の軌跡」編纂委員会/潮出版社(07年)/1000円
池田氏の半生を綴る本。ゴルバチョフや橋本龍太郎ら、超大物の証言により、池田氏の"カリスマ性"が強調されている部分も散見できる。


bs_gakkai_03.jpg

【3】『サイコパスの犯罪 元弁護士山崎正友の心の闇』
中田光彦/潮出版社(02年)/1050円
元創価学会顧問弁護士の山崎正友氏と、その行為を徹底的に糾弾した本。山崎氏を「精神病質」「異常人格」などとするなど、"これでもか"というくらい過激にこき下ろしている。


bs_gakkai_04.jpg

【4】『創価学会=公明党が政権の"オーナー"でいいのか』
遠藤欣之助/日新報道(05年)/1575円
雑誌「月刊日本」(K&Kプレス)に、04年8月〜05年9月号まで連載された記事に加筆、修正。創価学会と公明党が抱える、政教一致の不当性や違法性を訴える内容。


bs_gakkai_05.jpg

【5】『イケダ先生の世界 青い目の記者がみた創価学会』
ベンジャミン・フルフォード/宝島SUGOI文庫(08年)/560円
経済誌「フォーブス」の元アジア太平洋支局長による創価学会タブーに挑んだ本。著者によると、同誌04年の記事『先生の世界』が、本書のベースになっているという。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ