サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > 『とくダネ!』小倉は、平成の伊能忠敬か!...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第75回

『とくダネ!』小倉は、平成の伊能忠敬か!?朝の情報番組ぶった斬り!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1203_takasu.jpg
近ごろバラエティ番組によく出ている清原和博氏。その仕掛け人は、もちろん私である。昨年、私が加勢し、清原氏を日本航空高(山梨県)や系列の日本航空石川高(石川県)の部活動指導者として招へいする件についてこのコラムで書いたが、その話はまだ交渉中である。

 朝の情報番組について思っていることがある。過去5年間、いちばんチャラチャラしていたのは、小倉智昭の『とくダネ!』(フジテレビ系)だった。ところが、最近『とくダネ!』は報道番組に近いカタさがあり、かつわかりやすく伝えている。たまに鼻につくこともあるが、基本は着眼大局、着手小局、大道無門。小倉は特にスポーツの現場に足を運び、いつの間にかマラソンやサッカーの大家になった。勝者だけでなく敗者に対する目線も持っているところがいい。老いて病を持っても現場に向かう小倉の姿は、60を過ぎても日本全国を歩いて地図を作った伊能忠敬に重なる。

 急性白血病で入院した『めざましテレビ』(同)の大塚範一の志も背負っている気がする。2人が仲がいいとは思えないが、ほぼ同年齢、他局から移ってきた外様という共通点がある。小倉64歳、最後のがんばりである。これは決して礼賛ではない。だが、小倉イズムは評価せざるを得ない。

 テレビ朝日は、かつて『スーパーモーニング』で鳥越俊太郎や週刊朝日前編集長の山口一臣がコメンテーターとして出演していた頃は、ジャーナリスト愛があった。それが、羽鳥慎一の『モーニングバード!』に変わって、バラエティとジャーナリズムのはざまに置かれているような、落ち着きの悪さを感じるようになった。横にいる赤江珠緒はきょとんとし、長嶋一茂やジャーナリストの青木理らのコメントには無理がある。この番組、本当に報道系制作会社のテレビ朝日映像がかんでいるのだろうか。まったく芯が感じられない。

『スッキリ!!』(日本テレビ系)は、加藤浩次が劇的によくなった。おちゃらけの葉山エレーヌがしゃべらなくなったのもいい。だが、テリー伊藤は07年に斜視を治してから、物事を斜に見ないで正対しすぎているように思う。

 TBSの『朝ズバッ!』は、『サンデーモーニング』(同)の焼き直し。通常なら月~金の帯番組が積み重なって日曜の番組となるはずが、なぜか日曜の番組を月~金にバラしている薄さ。依拠しているのは毎日新聞の社説と「余録」、スポニチの芸能。これでは視聴率に苦労するのは当たり前だ。

 NHKは、朝ドラの『カーネーション』から『あさイチ』に切り替わった瞬間、朝ドラに感動したいのっち(井ノ原快彦)が泣いちゃったりしているので見逃さないようにしている。最近、ジャニーズは情報番組に進出しているが、ダントツはいのっち。彼にはやさしい目線があり公平で、護憲派に近い。もちろん彼が日本国憲法を勉強してるとは思わないが、リベラルだと思う。大きな報道番組でジャニーズを使うとしたら、彼がいい。私は彼がどんな歌を歌っているのか知らないが、あなたは平和の香りがする。

 注目している女性キャスターは、まず『報道ステーション SUNDAY』(テレビ朝日系)の長野智子(フリー)。長野は、鳥越が『ザ・スクープ』(同)でいろいろ教えたのだろう。鳥越は嫌いだが、フジ出身アナがここまで化けたのは彼のおかげだろう。

『Sunday! スクランブル』の下平さやか(テレ朝)にも期待している。下平は昔はぽわんとした菩薩顔で「高須さ~ん」と言っていたものだが、今は戦闘的な般若顔になった。巨人の長野久義選手とはうまくやっているのだろうか。

『激論!クロスファイア』(BS朝日)に出演している女子アナ、村上祐子(テレ朝)もいい。まだ勉強不足だが、どこかおびえたところと真面目さがある。気に食わないのは、チャラチャラしている松尾由美子(同)と、セミヌードになった小島慶子(フリー)。小島は目に表情がなくテレビで使い物にならないからラジオに行ったんだろうに、ラジオの冠番組も降板するとは……。

 今もっともノッてるのは、やはりNHKの有働由美子だな。「私がセックスレスなわけではない」「BL(ボーイズラブ)を読んでる」など、自分の肉体的、年齢的、性的なコンプレックスをあからさまにする。カムアウトの究極、マゾである。脇汗が出るということは、裾汗も出ているはず。すべてが濡れているはずだ。

 有働を見ていると、「高須くん、勃起してる暇があったら募金に行きなさい」と耳元でささやかれているような気になる。妄想だが、要するに自分のことより他人のことということ。そういう意味では、有働は唯一の菩薩顔の熟女アナといえる。NHKの女子アナは、下半身で勝負することを拒否するから、他局では成功しない。有働よ、ずっとNHKにいてくれ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ