サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > 『とくダネ!』小倉は、平成の伊能忠敬か!...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第75回

『とくダネ!』小倉は、平成の伊能忠敬か!?朝の情報番組ぶった斬り!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1203_takasu.jpg
近ごろバラエティ番組によく出ている清原和博氏。その仕掛け人は、もちろん私である。昨年、私が加勢し、清原氏を日本航空高(山梨県)や系列の日本航空石川高(石川県)の部活動指導者として招へいする件についてこのコラムで書いたが、その話はまだ交渉中である。

 朝の情報番組について思っていることがある。過去5年間、いちばんチャラチャラしていたのは、小倉智昭の『とくダネ!』(フジテレビ系)だった。ところが、最近『とくダネ!』は報道番組に近いカタさがあり、かつわかりやすく伝えている。たまに鼻につくこともあるが、基本は着眼大局、着手小局、大道無門。小倉は特にスポーツの現場に足を運び、いつの間にかマラソンやサッカーの大家になった。勝者だけでなく敗者に対する目線も持っているところがいい。老いて病を持っても現場に向かう小倉の姿は、60を過ぎても日本全国を歩いて地図を作った伊能忠敬に重なる。

 急性白血病で入院した『めざましテレビ』(同)の大塚範一の志も背負っている気がする。2人が仲がいいとは思えないが、ほぼ同年齢、他局から移ってきた外様という共通点がある。小倉64歳、最後のがんばりである。これは決して礼賛ではない。だが、小倉イズムは評価せざるを得ない。

 テレビ朝日は、かつて『スーパーモーニング』で鳥越俊太郎や週刊朝日前編集長の山口一臣がコメンテーターとして出演していた頃は、ジャーナリスト愛があった。それが、羽鳥慎一の『モーニングバード!』に変わって、バラエティとジャーナリズムのはざまに置かれているような、落ち着きの悪さを感じるようになった。横にいる赤江珠緒はきょとんとし、長嶋一茂やジャーナリストの青木理らのコメントには無理がある。この番組、本当に報道系制作会社のテレビ朝日映像がかんでいるのだろうか。まったく芯が感じられない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』