サイゾーpremium  > 特集  > 業務停止命令の問題企業もOK? 公演チケ...

──CM業界では、2011年、"AKBバブル"の恩恵にすがるべく、実に、計50社以上の企業が彼女たちの起用に踏み切っている。しかし、彼女たちの"集客力"に食いついた登録者数命のIT企業には、影のある企業も多いようで……?

1202_akbgoogle.jpg
11年12月、「AKB48新戦略発表会」と題した記者会見が突如行われ、AKB48グループ全面協力によるGoogle+の"活性化"タイアップが発表された。(c) AKS

 2011年のエンターテインメント業界は、長引く不景気に加え、東日本大震災で生まれた自粛ムードが追い打ちとなり、全体的に停滞した1年であった。そんな中、唯一の勝ち組と言っても過言ではない活躍を見せたのが、AKB48(以下、AKB)だ。11年にリリースした5枚のシングルはすべてがミリオンセラーを達成。アーティスト別トータルセールスでは、女性グループ史上最高記録の約162億8000万円を叩き出し、次々にデビューさせた関連グループなども合わせると、グループ全体のパッケージビジネスだけで200億円を超える圧倒的な売り上げを記録した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集