サイゾーpremium  > 連載  > 脱力ニュース・ジャパン  > 【今月の教訓】小細工は繰り返すとバレる
連載
脱力・ニュースジャパン

【今月の教訓】小細工は繰り返すとバレる

+お気に入りに追加

1110_datsuryoku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 電車やバスに乗るときに、混んでるのが好きという人は(痴漢を除けば)あまりいないだろう。それでも普通は我慢して乗るしかないわけで、なるべく空いてる時間帯や車両を狙うにしても限度がある。

しかし、世の中には悪知恵の働く人がいるもので、驚くべき裏技を使って混雑を避けていたのが【記事A】の無職の男(24)。空港行きのリムジンバスの予約サイトから偽名で大量に架空予約し、ガラ空きのバスに悠々と乗っていたらしい。ネット予約の場合、運賃は乗り場で支払うシステムなのを悪用し、「42人のバス定員に対し、約30人分が架空予約だったこともあった」というから、ほぼ貸切状態だ。

よくそんなこと思いつくよなーと、ある意味感心してしまうが、バス会社側が「容疑者が乗車するバスに限って乗り場に来ない客が多数生じるため、不審に思った」ことから不正が発覚。1回だけならいざ知らず、何度もやってりゃ、そらバレるわな。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ