サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 政権交代は経済成長の行き止まりが原因!?...
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第4回

政権交代は経済成長の行き止まりが原因!? 成熟社会で存在感を増すルール

+お気に入りに追加

第4回テーマ
「国家と市場の関係の転換」

1011_teijyougata.jpg

[今月の副読本]
『定常型社会 新しい「豊かさ」の構想』

広井良典/岩波新書(01年)/735円
日本でいちはやく成熟社会の到来をとらえ、経済成長に変わる「価値」の追及、そして展望される可能性を提示した一冊。成熟期にある現在の日本社会を考えるための古典でもある。


 このところ、「成熟社会」という言葉をよく耳にするようになりました。この成熟社会の現実も「概念によるルール策定」という哲学の問題と無関係ではありません。といっても「成熟社会」という言葉を聞きなれない人もいるかもしれません。「成熟社会」というのは、一言でいえば、経済が成熟化した社会のことです。つまり、電気製品や自動車、住宅といった耐久消費財が社会の中に広く行き渡り、もはや市場経済がなかなか拡大できなくなった社会のことですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載